@AUTOCAR

写真拡大

ゲームのなかに、ポルシェが増える!

今後6年間の両社の提携により、レーシング・ゲーム・シリーズの「Forza Motorsport」と「Forza Horizon」の中で走るポルシェがさらに増える。

ゲーマーたちが仮想競技で戦いを繰り広げる「eスポーツ」は成長著しい分野であり、今回の提携の目的はその分野におけるポルシェ・ワールドの体験にあるようだ。

そもそも「eスポーツ」って何?

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いておこなう娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉。コンピューター・ゲーム、ビデオ・ゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称だ。

ちなみに日本国内では「運動/体育」と捉えられる一方、本来のスポーツ(英:sport)の意味は「楽しむ/競技」という意味があり、欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されている。

提携、わたしたちにどんなメリットがある?

2016年以降、20台を超えるポルシェを収録する最新のXboxレース・ゲーム「Forza Motorsport 6」をベースに、2017年のForzaRCシーズンには、モータースポーツ選手権がおこなわれる。2017年4月12日にforzarc.gfinity.netで登録受付を開始し、5月1日以降オンライン上で予選を開催する。

「弊社は、マイクロソフトをパートナーとして迎えることによって、ポルシェのドライビングを仮想空間上で楽しむ機会を提供します。レース・ゲームと「eスポーツ」は現実と仮想の世界を結び、弊社を若年層のターゲットグループにさらに近づけてくれます」と、セールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテンは述べている。

提携開始にあたって、4月12日からレース・ゲーム「Forza Horizon 3」の新しいポルシェ専用パッケージをダウンロードすることが可能になった。

パッケージには、伝説の550Aスパイダー、1960年型718 RS 60スパイダー、1973年型911カレラRS 2.7、911 GT2(993)、ケイマンGT4、911 GT3 RS、およびニューパナメーラ・ターボの7台のポルシェが含まれている。