大阪学院大学GK棟方博文が下部組織時代を過ごしたG大阪に特別指定で加入

写真拡大

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、大阪学院大体育会サッカー部のGK棟方博文(21)を、12日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はガンバ大阪となる。

▽棟方は大阪府出身で、ジュニアユース、ユースとG大阪に所属。大阪学院大学へと進学していた。ユース時代は、徳島ヴォルティスのDF内田裕斗や昨シーズンまでG大阪に所属し、今シーズンからFCティアモ枚方に所属するFW小川直毅が同期。

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。