写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ASUSTeK Computerは14日、最大1,300Mbps(理論値)の転送速度に対応したWi-Fiギガビットルーター「RT-AC65U」を発表した。4月14日に店舗限定で発売する。価格はオープン。

5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nのデュアルバンド接続に対応する無線LANルータ。アンテナ数は3本で、最大通信速度は1300Mbps(理論値)。「TurboQAM技術」により、IEEE802.11n時においても600Mbps(理論値)での通信が行える。

「MU-MIMO」に対応しており、対応デバイスを使用すれば複数台の同時通信も可能。接続しているPCやスマートフォンなどの機器の位置を検出し、機器に向けて電波を飛ばす「AiRadar」機能もサポートする。

そのほかにも、トレンドマイクロの「Trend Micro Smart Home Network」技術を使用したセキュリティ機能「AiProtection」や、接続可能時刻の制限などが行える「ペアレンタルコントロール機能」を搭載。無線LANセキュリティはWPA2-PSK / WPA-PSK / WPA2-Enterprise、WPA-Enterprise、WEP(128bit / 64bit)。

インタフェースは、Gigabit Ethernet対応有線LANポート×4基、WANポート×1基、本体サイズはW205×D31.12×H14.77mm、重量は約345.5g。

(リアクション)