ソン・シギョン、単独コンサート「ソン・シギョンの祝歌」チケットの不正取引に警告

写真拡大

歌手ソン・シギョンがコンサートチケットのダフ屋行為の根絶を呼びかけた。

ソン・シギョンの所属事務所Jellyfishエンターテインメントは、12日午後8時チケット販売サイトAUCTION TICKETを通じて単独で行われた「2017 ソン・シギョンの祝歌」チケット販売中に、一部の購入者による不正購入の状況を発見し、即時対応に出た。

所属事務所は13日、公式ホームページなどを通じて不正購入に対して厳重に警告する内容の告知を掲載した。「ソン・シギョンの祝歌」のチケットは、販売開始と共に即完売となり、チケットを手に入れられなかった人を対象に、高額でのチケット転売が確認されている状況だ。これに対してソン・シギョンと所属事務所は、公演の発展を妨げる不正な取引を根絶し、健全な文化づくりに役立つために乗り出した。

ソン・シギョンと所属事務所は「各種プレミアムチケットサイト及び中古取引サイトなどを通じて不正なチケット転売の事実を確認した」とし、今回の事態の深刻性について言及し、「この件に対して単独公式販売先である、AUCTION TICKETと議論し、不正なチケット転売に対する措置を決定し、対応策をお知らせする予定だ」と明らかにした。

また「『ソン・シギョンの祝歌』を待ってくださって、愛情を持って見守ってくださった皆さんに感謝申し上げる」とし、コンサートに対する関心に感謝を伝える一方、不正な転売を通じたダフ屋の拡大を防止するために、「不正な経路を通じたチケット転売はご遠慮いただくよう、切にお願いいたします」と呼びかけた。

今年で6年目となる「ソン・シギョンの祝歌」は6年連続完売を続け、春を代表する品格のあるブランドコンサートとして愛されている。結婚式コンセプトで行われる「ソン・シギョンの祝歌」は、ソン・シギョンの各種のヒット曲ライブのステージ、積極的に交流するトーク、観客からのお便りイベントなど、多彩な構成で笑いと感動を届ける予定だ。春の風情と夜空を楽しめる露天劇場で開かれる五感コンサートで高い人気を得て、毎年観客の満足度を高めている。

ヒーリングコンサートとして好評を得ている「ソン・シギョンの祝歌」は、ローンチ後、6年ぶりに初めて地方ツアーのニュースを伝え、話題を集めている。6月10日全州(チョンジュ) 韓国ソリ文化の殿堂野外劇場と、17日から2日間釜山(プサン) 映画の殿堂野外ステージで開催される。全州公演は19日午後8時から、釜山公演は26日午後8時から、AUCTION TICKETを通じて購入できる。

「ソン・シギョンの祝歌」のソウル公演は5月27日から28日まで、ソウル延世(ヨンセ) 大学露天劇場で開催される。