“骨腫瘍の診断”ユ・アイン、4回目の再検査について「必要な書類は全部提出した」

写真拡大

俳優ユ・アインが、骨腫瘍の診断による4回目の再検査に必要な書類を全て提出したことが明らかになった。

本人(14日) 午後、ユ・アインはマイデイリーに「兵務庁が再検査のために要請した書類は全て提出した」と伝えた。

この日あるメディアは、兵務庁が4回目の再検査を受けたユ・アインに補充書類の提出を要請したが、ユ・アインが期間内に提出せず、兵務庁が提出するように求めていると報道した。

ユ・アインは2015年12月と2016年5月、同年12月に検査を受けたが、肩の負傷と骨腫瘍の闘病によって、兵役等級保留の判定を受けた。以後、4回目の再検査を受けて5月に結果が出る予定だ。

ユ・アインはtvN金土ドラマ「シカゴ・タイプライター」に出演中だ。