@AUTOCAR

写真拡大

モナコGPは、バトン、バンドーン体制

マクラーレン・ホンダは、F1第6戦モナコGPを欠場するフェルナンド・アロンソの代役として、ジェンソン・バトンの起用を決定した。

バトンは、アロンソのインディアナポリス500マイル・レース出場に伴い、同日開催となるF1モナコGPにスポット参戦する。これにより、5月28日に決勝日を迎えるモナコGPは、ストフェル・バンドーンとバトンの2名体制の参戦となる。

ジェンソン・バトンのコメント

ジェンソン・バトンは、「再びF1でレースができ、また、そのステージが私にとって慣れ親しんだモナコGPですから、これ以上の舞台はないと思っています。モナコでは2009年に優勝していますし、私の大好きなサーキットの一つです。ここは、ドライバーのテクニック次第で大きな差がつく難しいコースだと思います。MCL32の今シーズン序盤は難しいスタートになっていますが、これまでフェルナンドとストフェルがドライブしてきたサーキットよりも、モナコはこのマシンに合っています」

「2009年の再現のようなレースは難しいかもしれませんが、それでもポイントを獲得するチャンスは十分にあると考えていますし、そうなれば、チームにとって大きな意味があると思います」とコメントしている。
 

アロンソのインディ500参戦について、バトンの見解

「フェルナンドのインディ500挑戦については、レースで健闘するだけでなく、インディ500という舞台そのものを楽しんでくれたらいいと思っています。フェルナンドにとってスーパースピードウェイでのレースは全く新しい世界になりますが、彼は経験豊富な素晴らしいドライバーですから、すぐに順応すると予想しています」

「日曜の夕方、モナコGPの後には、きっと私は彼の姿をテレビで見ていることでしょう。とても楽しみです!」

フィジカルの準備は万全

「でも、本当に楽しみにしているのは、自分自身がモナコGPという特別な場所でチャレンジできることです。MCL32には、モナコGPの前にマクラーレンのシミュレーターで乗る予定で、それでレースへの準備は整うと思っています。日ごろからトライアスロンのトレーニングで十分に鍛えていますから、フィジカル面でも全く心配していません。F1パドックにいる旧友たちに会うのも楽しみですし、何か少しでもファンの皆さんに喜んでもらえることができたら良いと思っています」