知英(撮影:井上ユミコ)と竹中直人

写真拡大

元KARAの知英(ジヨン)が、地味なOLがセクハラオヤジと入れ替わるハチャメチャ痛快コメディ『レオン』で、長編映画初主演をつとめることがわかった。

元KARAの知英が性同一性障害に苦悩する“男性”役に初挑戦!

本作は、スマホマガジン「Hot-DogPress」で連載され、絶大な人気を誇ったオリジナルマンガを映画化したもの。彼氏にフラれ、会社もクビになった地味な派遣OL・小鳥遊玲音(たかなし・れおん)と、女好きなワンマン社長・朝比奈玲男(あさひな・れお)が、偶然、同じ車の事故に巻き込まれ、目が覚めると互いに体が入れ替わっていたことから巻き起こる痛快コメディだ。

知英が地味OLの小鳥遊玲音役を演じ、そんな彼女と入れ替わってしまうワンマンオヤジ社長を竹中直人が演じる。体が入れ替わった後のおっさんぶりが弾ける知英と、ナヨナヨ乙女の竹中直人という、2人のなりきり演技は大笑いさせられること間違いなし。

本作出演に、知英は「今回ご一緒させて頂いた竹中さんは、日本でのソロデビュー前から魅力的で好きな俳優さんだったので、まさか共演できるとは思ってもいませんでした。しかもその竹中さんと入れ替わる役なので、撮影中はずっとワクワクしてました。現場でもとても気さくに話しかけて下さり、更に役作りに関してもアドバイスを下さったりと、助けて頂き、とても心強かったですし勉強になりました。入れ替わったときは、竹中さん演じる朝比奈玲男になりきり、エロオヤジ社長炸裂でやりきりました。気分は爽快でした。限界ギリギリ!? の表情にも挑戦しているので、ぜひ楽しんで見て頂きたいです」とコメント。

竹中は「私なんかで良いのかしら? と思いつつ参加させて頂きました。ふと気づくと周りにいる方々は若い方々ばかりで、いつの間にか私もじいさんとしみじみ感じながらも撮影の現場はあっという間に過ぎてゆきました。時の流れは何一つ待ってはくれないのです。知英と僕が入れ替わるなど、演じる私にも想像出来ることではありません。塚本監督の指示に従いながらどんな映画になるのかしら…と美しい知英を感じながら心と身体を動かしてゆきました。知英は本当にチャーミングで優しく美しく時には男っぽく柔らかな女性でした。知英はたくさんの可能性を秘めた女優です。コメディエンヌとしても素晴らしいテンションを持ち備えた方だな…と感じました。知英と出会えたことに感謝しております」と述べている。

『レオン』は2018年全国公開となる。