湊かなえさんの原作小説を、主人公の藤原竜也さんを筆頭に、玉森裕太さん、小池徹平さん、三浦貴大さん、市原隼人さんら豪華キャストが演じる話題のTBS金曜ドラマ『リバース』。

今回Noshではこの5人の男性陣のタイプ別に、恋愛における攻略法を紹介していきます。


出典:(c)TBS

第1回目は、藤原竜也さん演じる深瀬和久。

人見知りで無口、そして引っ込み思案な彼のような男性を落とすには、どのように接するのがベストなのでしょうか?

今回は、“引っ込み思案”な男性を落とすテクニックについて紹介します。

 

■適度に「好意」を見せる

引っ込み思案な男性は、相手が自分のことをどう思っているのかをじっくりと探ろうとしますし、相手から嫌われることをかなり恐れたりもします。なので、なるべく女性の方から“好意”を示してあげることが大事です。

自分に好意を持ってくれている女性のことは、男性も必然的に好意を持ちやすくなります。また、いつも笑顔で接したり、話をたくさん聞いてあげたりして、適度に好意を見せてあげれば、引っ込み思案な男性だって距離を縮めやすくもなるはずですよ。

 

■「得意分野」を褒める

引っ込み思案な男性でも、自分の得意分野や趣味・特技についてであれば、色々と話したくもなるし話しやすくもあります。だからこそ、男性の得意分野や趣味に興味や関心を持ってあげると、仲良くもなりやすいです。

しかも、得意分野を褒めてあげると、プライドや自尊心も満たされるので、あなたへの好感度もかなりアップします。自分のことを理解してくれているような感じもするので、一気に打ち解けやすくもなるでしょう。

 

■定期的に「頼りにする」

男性は女性からは頼りにされたいと思っているもの。それは引っ込み思案な男性だって同じです。頼りにしてもらえると、自分が必要とされていると感じられるので、それだけでうれしい気分になったりもするでしょう。

また、自分を頼ってきてくれる女性のことは、男性からすると可愛らしくも見えますし、“守ってあげたい”という気持ちも芽生えやすいです。困ったことがあったときに、まず最初に相談を持ちかけてあげたりすると、だんだんと特別な存在になっていくでしょう。

 

■じっくりと「仲を深める」

気になる男性とは、積極的に距離を縮めていきたいと思うものでしょう。でも、引っ込み思案な男性に対しては、じっくりと仲を深めていくようにするべきです。焦りすぎてしまうと、嫌われてしまう可能性の方が高いかも。

普段から会話を重ねたりして、まずは警戒心を徐々に解いていくようにした方がいいでしょう。いきなりガンガン詰め寄ってくるような女性には、思わず引いてしまったり、自然と拒絶してしまったりもするはずですよ。


出典:(c)TBS

“引っ込み思案”な男性に対しては、扱いもそれなりに慎重になるべきです。まずは相手を理解してあげようとする姿勢を、ちゃんと見せてあげることが大事でしょう。

毎週金曜日22時から放送の『リバース』。5人の中でみなさんはどの男性が好みのタイプか? そんなことも考えながら見たりしても楽しいかもしれませんね。ぜひお見逃しなく!

 

■第1話あらすじ


出典:(c)TBS

深瀬和久(藤原竜也さん)は、冴えない男。有名大学を卒業しながらも地味で、つまらない程、普通の人生を送ってきました。

唯一の彼の取り柄はおいしいコーヒーを淹れること。そしてそのたびに彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平さん)を失ったことでした。

10年前、彼が大学生の時、スノボ旅行中に起こった悲しい事件――。

ある日、深瀬は行きつけのコーヒー店で越智美穂子(戸田恵梨香さん)という女性と運命的に出会います。そして、頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に強く惹かれていく深瀬。

そんな中、深瀬のもとに届いた大学の教授の退官祝賀会の知らせ。広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場に向かった深瀬は、10年前の旅行をともにしたメンバーである、高校の社会科教師の浅見康介(玉森裕太さん)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大さん)、村井の妹・明日香(門脇麦さん)の夫であり大手商社マンの谷原康生(市原隼人さん)らゼミ仲間と再会します。


出典:(c)TBS

そして、そんな彼らの目の前に待ち受けていたかのように、10年前の事件の真相を未だに追い続けているジャーナリスト・小笠原俊雄(武田鉄矢)が現れ……。

【参考】

※ 「リバース」-TBS