写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セブン‐イレブン・ジャパン、Niantic、ポケモンは、モバイルゲーム「Pokémon GO」におけるパートナーシップ契約を締結した。これにより、4月14日から全国約19,000店のセブン‐イレブンが「ポケストップ」となった。

セブン‐イレブン・ジャパンはPokémon GOについて、「幅広いユーザー層に継続的にプレイされており、若年層からシニア層まで幅広いお客様にご利用いただいているセブン‐イレブンとの相乗効果が見込まれる」とコメント。また、セブン‐イレブンは全国各地に店舗を展開しているため「大都市圏のみならず、あらゆる地域のお客様にゲームを楽しんでいただくきっかけになれば」としている。

今後は、ポケモン関連製品の販売やコラボレーション企画に取り組む予定。4月24日には、Pokémon GOとコラボレートした「Google Play ギフトカード」を数量限定で発売する。価格は1,500〜50,000円(バリアブルカード)。

(C)2017 Niantic, Inc. (C)2017 Pokémon.
(C)1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.