みなさんは、夢のようなスピーカーが北米で普及し始めていることをご存知でしょうか。話しかけるだけで音楽が再生されたり、ピザやコーヒーが自宅に届いたりするスマートスピーカーです。

 

いま、iPhoneのSiriやGoogle音声入力など、デジタル機器による音声認識機能は進化を続けていますよね。それを実体化して北米市場で大ヒット中なのです。

 

筆頭は、AIのAlexaを搭載したアマゾンのAmazon Echoと、Googleアシスタント搭載のGoogle Home。いずれもスピーカーとマイクを搭載し、Wi-Fi接続することでクラウドと連携。そしてユーザーによる音声コマンドを待ち受け、指定の音楽を再生するほか、エアコンの温度を変えるなど、スマート家電のコントロールもできます。

 

↑「Alexa」などのマジックキーワードを言うことで待機状態に。その後に話しかけた音声コマンドを遂行する

 

Alexaでは、ドミノピザやスターバックスの宅配など、他社連携サービスのスキルが数千登場。一方Google Homeは、多くの自社サービスと連携。テレビに映像を映し出すChrome Castにも対応しています。これらが日本市場にサービスインし、暮らしを変える日はそう遠くなさそう!

 

そこで今回は、スマートスピーカー2大モデルと言えるAmazon EchoとGoogle Homeのスペックを比較してみました。

 

 

■Amazon.com「Amazon Echo」実売価格179.99ドル(日本未発売)

【SPEC】●システム:Alexa App、●スピーカー:2.0インチツイーター +2.5インチウーファー、●質量:1064g

 

1万以上のスキルが登場! 多彩なサービスと連携可能

音声認識ができる人工知能「Alexa」を搭載するスマスピ。「Alexa」と呼びかけてからコマンドを伝えます。スマホにアプリを追加するようにスキルを登録することで、連携できる機器やサービスが増やすことが可能。

 

ボタン&マイク

↑ボタンは天面に電源とマイクオフの2つだけ。音声を捉えるマイクは円周に沿ってレイアウトされています

 

スピーカー

↑ 円筒状ボディの下部にスピーカーを搭載。サウンドが360°に広がります。電源ケーブルは底部に挿して使用

 

Model Variationは、「Amazon Echo Dot」と「Amazon Tap」。「Amazon Echo Dot」は外部にスピーカーを付けることを前提に、音声認識機能のみを搭載しています。「Amazon Tap」は円筒フォルムにバッテリーを内蔵し、持ち歩き可能となっています。

↑Amazon.com「Amazon Echo Dot」実売価格49.99ドル(日本未発売)

 

↑Amazon.com「Amazon Tap」実売価格129.99ドル(日本未発売)

 

■Google「Google Home」実売価格129ドル(日本未発売)

【SPEC】●システム:Android、●スピーカー:2ドライバー+Dual2 パッシブラジエーター、●質量:477g

 

Googleの各種サービスとの連携機能が充実

音声認識AIのGoogleアシスタントを搭載したスマスピ。「OK, Google」をキーワードに、音声によるコマンド操作が可能に。本体上部がタッチパネルとなっており、タッチ操作でも音量調整などが行えます。

 

ボタン

↑ 唯一の物理ボタンであるマイクオフボタンは本体背面に搭載。マイクは天面両サイドに2つ配置しています

 

スピーカー

↑本体下部のスピーカーグリルは着脱可能。取り外すとスピーカードライバーがむき出しになります

 

Color Variationは6色展開。メタル素材が3色(カーボン、カッパー、スノー)とファブリック素材が3色(マンゴー、マリン、バイオレット)あります。

↑ スピーカーグリルの色が変更可能(実売価格20ドル)。インテリアに合わせて選べます

 

Amazon EchoとGoogle Homeの大きなスペックの違いは、連携可能なサービスの数。サイズや質量、カラーバリエーションの差もありますが、日本での発売が開始したら利用するサービスで選んでみてはいかがでしょうか?