WINNER、新曲が韓国内外のチャートを席巻…iTunesアルバムチャート21ヶ国で1位に!

写真拡大 (全2枚)

WINNERが自作曲で歴代級の人気を得ている。韓国はもちろん海外音楽配信チャートまで独占し、好評を受けているのだ。

4日に発売されたWINNERの新曲「REALLY REALLY」は、カン・スンユン、ソン・ミノ、イ・スンフンが作詞、作曲に参加した、最近流行しているトロピカルハウスジャンルだ。一度聴いたら「君が好き」という歌詞が耳から離れない甘い告白ソングとなっている。一方、カン・スンユンが歌詞を書いて、Airplayと共にメロディを作った「FOOL」はスローテンポの曲で、別れを経験した人々を慰める曲だ。

このようなWINNERの音楽は、メンバーたちが一緒に手がけた曲で人気を得ている点で意味がある。WINNERのカン・スンユンは最近OSENとの取材で「『REALLY REALLY』を通じて僕たちのクールな姿をアピールしたかった。これまでの僕たちの曲と違う感じの曲にしたかった」と打ち明けた。

ソン・ミノは「スンユンを筆頭にして作った曲に、僕とスンフンが作詞・作曲に参加した。スンユンは作業しながらメンバーたちにフィードバックをたくさん求める。今回の曲はスンユンが上手く進まなくて悩んでいて、僕が解決してあげた。ブリッジパートの作曲を務めた」と明らかにした。

カン・スンユンは「YGの他のアーティストの方々から新曲について好評をいただいた。特に、BIGBANGのV.I先輩が作業室で初めて聴いて、すごく喜んでくれた。たくさん褒めていただいて、本当に感謝している」とし、格別な愛情を表した。

また、イ・スンフンは「今回の曲にメンバーたちがたくさん参加したが、僕たちの力だけでできるものではない。一緒に作業してくださったプロデューサーにも本当に感謝している」と話した。

WINNERは各種音楽配信サイト1位をキープしている。多数の新曲が出ている中でも彼らは首位を守り、底力を見せつけている。

WINNERは今回の新曲で韓国内外のチャート席巻をはじめ、GAON週間集計でもデジタルとダウンロードチャート1位に輝いた。iTunesアルバムチャートでは21ヶ国1位、アップルミュージックのBest of the Weekに選定されたことまで加えると、WINNERの波及力の大きさが伺える。