「推理の女王」クォン・サンウ、チェ・ガンヒを信頼し始める…犯人は誰?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
クォン・サンウが“推理の女王”チェ・ガンヒを信頼し始めた。

韓国で13日に放送されたKBS 2TV「推理の女王」では、殺人事件だと主張するソルオク(チェ・ガンヒ) に「犯人は誰か」と聞くワンスン(クォン・サンウ) の姿が描かれた。

ワンスンはかなり説得力のあるソルオクを信頼し始めた。ワンスンが一体犯人は誰なのかと追究すると、ソルオクは「100%になるまでは言えない。0.01%でも無実な人を疑うのは殺人行為だ」と答えた。

するとワンスンは「竹を割ったようなその気性で嫁入り暮らしはちゃんとできているのか気になる」と皮肉った。