「オクジャ」出演女優リリー・コリンズ、ポン・ジュノ監督への感謝のメッセージを公開…初のカンヌ行きに“大興奮”

写真拡大

ハリウッド女優のリリー・コリンズがカンヌ映画祭進出を実現してくれたポン・ジュノ監督に感謝を表した。

本日(14日)、リリー・コリンズは自身のInstagram(写真共有SNS) にポン・ジュノ監督と一緒に撮った写真を掲載し「ピンクのヘア、気にしないで。私たちは『カンヌ映画祭』に行く! 初めてのフェスティバルへの参加を、ポン・ジュノ監督と『オクジャ』チームと一緒にできることになった。これ以上興奮することはない。ありがとう!」という書き込みを掲載した。

ポン・ジュノ監督の「オクジャ」は、来月開かれる「第70回カンヌ国際映画祭」公式コンペティション部門に招待され、話題を集めた。これを受け、リリー・コリンズも喜びを表現したのだ。

「オクジャ」は、秘密を抱えたまま生まれた巨大な動物オクジャと、江原道(カンウォンド) の山奥で育った少女ミジャの物語を描く作品。リリー・コリンズを含め、ティルダ・スウィントン、ジェイク・ジレンホール、アン・ソヒョン、ピョン・ヒボン、ユン・ジェムン、チェ・ウシクなどが出演する。