2017年5月2日〜7日の期間中、東京・表参道にあるスパイラルホールにて若手クリエイターの発掘・育成・支援を目的としたアートフェスティバル「SICF18(第18回スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」が開催される。

同イベントでは公募によって選出された若手クリエイターが一堂に会し、絵画、立体・インスタレーション、写真、メディアアート、ファッション、工芸やジャンルに捕われない作品を展示し、プレゼンテーションを行う。

18回目を迎えるSICFは、出展クリエイター数を150組に拡大し、3会期6日間で開催される。さらに会場としてスパイラル1Fのスパイラルガーデンを追加し、公募形式のパフォーマンスプログラム「SICF18 PLAY」を実施。20分以内で、直径10mの円形空間を舞台に自由表現が行われる。開催期間中は、SICFに関連したワークショップやトークプログラムが開催されるほか、MINA-TO(スパイラル1F)にてSICFの過去出展者による作品の展示・販売や、前年の受賞者が作品展示を行なう「SICF17受賞者展」を同時開催予定。

期間中はA日程〜C日程の3パターンに分かれ、各日程50組のアーティストがそれぞれの期間中に展示などを行う。入場料は1日券が500円、A〜C日程の通し券が1,000円。出展社150組の詳細は、同イベントページより。各日程は以下の通り。

  • A日程:2017年5月2日〜3日11:00-19:00(50組)
  • B日程:2017年5月4日〜5日11:00-19:00(50組)
  • C日程:2017年5月6日〜7日11:00-19:00(50組)

第18回スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル