売名?整形双子アイドル「ららぴ・るるぴ」を直撃。お直し2人で400万!

写真拡大

“整形疑惑”がささやかれても、それを認める芸能人はほとんどいません。そんななか、一卵性双子アイドル「ららぴ・るるぴ」が、メスを入れての整形顔であることをテレビで突然カミングアウト(3月13日の『EXD44』)。

 しかも妹・るるぴさんは、先に整形した姉・ららぴさんの顔に似せたいがために、姉を連れて「この顔にしてください」と、同じ執刀医に施術をお願いしたのだとか。

 そんな話題が「売名」や「炎上商法」と話題の2人ですが、実際のところはどうなの? 直接聞いてみることにしました。

◆目と鼻をいじって、2人で約400万円

――ららぴさんが先に整形されたとのことですが、きっかけは?

ららぴ:1本だけ飛び出ていた前歯をセラミックで治したら、コンプレックスが解消されて口をあけて笑えるようになったんです。それで2年ほど前に、小ささと低さが気になっていた鼻を治して、去年、目もやりました。ただ、目は上下の逆さまつげを治したついでにって感じです。

――具体的にはどんな施術をされたのですか?

ららぴ:目は逆さまつげの手術のほかに、全切開と脱脂で、鼻は鼻中隔延長術です。それぞれ約100万円ずつかかりました。

――整形する前、るるぴさんに相談はありましたか?

るるぴ:相談というより、決めてからの報告でしたね(笑)。ただ、私はあまり賛成じゃなかったんです。一卵性双子なのに顔が似なくなるのもイヤだったけれど、たった1ヶ所いじっただけでも周囲からは「整形顔」って目で見られるので、ららぴがそう思われるのがすごくイヤだなって。

ららぴ:似なくなるのは私も寂しかったけど、もともと「かわいくなりたい!」って気持ちが強いし、一度「やりたい」と思ったことはやるまで気が済まない性格なんですよ。

 それに、私たちの母親がスペインとフィリピンのハーフで、「女の子がかわいくなるためにおしゃれをするのは当たり前」みたいな環境で育ったから、整形自体も抵抗がなかったし。逆に、なんでるるぴはやらないんだろう? って思ってました(笑)。

――賛成ではなかったるるぴさんが整形に踏み切ったのはどうしてですか?

るるぴ:整形して前向きになったららぴを見ているうちに、自信を持てるって素敵だなって感じるようになったんです。それに、顔が似なくなって、周囲から「双子」って言われなくなったのがすごく寂しかったし。それで、ららぴが目の整形をした半年後くらいに、目と鼻同時に同じ施術を受けました。また「似てるね」って言われるようになって、すごく嬉しいです。

◆「整形をなんで隠すのかわからない」

――整形を隠す芸能人が多い中、どうして公表しようと思ったんですか?

ららぴ:この顔で隠しきれないですよね(笑)。それに、普段から聞かれれば「整形だよ」って答えてて、テレビでもいつも通り言っただけ。公表したという感じではないんですよ。

るるぴ:整形の話も「昨日○○食べに行ったよ」って話すみたいな感覚で、抵抗がないんです。言った方がスッキリするし。整形を隠したり、整形顔が悪く言われたりするのが、どうしてなのかわからない。

ららぴ:アイプチだって、メスを入れるかどうかの違いだけで顔を変えるのは一緒ですよ。なのに整形はダメって理解できません。

――なるほど。でも、一部では「整形をネタにした売名」「炎上商法」などと言われてますよね。

ららぴ:私たちのSNSにも「整形を公表する必要ないよね」とか書き込まれたりしますけど、整形をネタに売名しようって感覚じゃないので、よく意味がわからない(笑)。

るるぴ:そんなに騒いでどうしたの? って(笑)。もとからポジティブでサバサバした性格なんです、私たち。アンチが9割でも、1割の応援してくれる人に「ありがとう!」って思えるから、あまり気にしないです。

ららぴ:ただ、アンチの声も一つの意見として聞き入れようとは思うし、知ってくれたことは嬉しいので、どんなメッセージにも自分の意見を返してますよ。「整形してもブスだな」ってツイートもファボするし(笑)。

――事務所の先輩である加藤紗里さんのアンチ対応を参考にされたりもしたんですか?

るるぴ:そういうわけではないです(笑)。でも、私たちなんか比にならないくらい炎上して、傷つく言葉もたくさん言われているのに、「なんのこと?」くらいでやっているのはすごいなぁと思います。

ららぴ:紗里さんのようになりたいわけではないですけど、そのメンタルは尊敬します。でも、同じ事務所って言うと「ああ〜」って反応が返ってくるのは、何でですかね?(笑)。

<TEXT/千葉こころ 撮影/難波雄史>