写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テックビューロが運営するビットコイン取引所「Zaif」は4月14日、マネーパートナーズの発行するマネパカードと連携し、4月19日よりビットコインによるチャージ機能を提供開始すると発表した。

テックビューロは、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ。ビットコインを含む暗号通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」や、プライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」のほか、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供している。

今回発表したチャージ機能は、あらかじめZaifにおいてマネパカードとの連携を済ませておけば、Zafiから希望金額を指定するだけで、ビットコイン残高を日本円に変換してチャージできるもの。

チャージ金額は、6つの通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)に交換でき、日本を含む世界210以上の国と地域にある、MasterCardマークのある3800万以上のMasterCard加盟店において使用できる。

また、日本以外の国ではMasterCardマークのある250万以上のATMにて現地通貨として現金を引き出すことも可能だ。

今後は、Zaifで取り扱うビットコイン以外の仮想通貨やトークンでもマネパカードへのチャージを可能にするなど、同連携によるサービスのさらなる利便性向上を計画していく。

(山本明日美)