『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ポスタービジュアル
 - (C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

写真拡大

 1995年に劇場公開された岩井俊二監督&奥菜恵主演の名作ドラマを、広瀬すず、菅田将暉、宮野真守らを声優に迎えてアニメーションとして新たに映画化する『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日公開)の予告編が公開。テレビシリーズ&劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」で知られる新房昭之が総監督を務めることでも話題の本作で、主人公の及川なずな(広瀬)と彼女に思いを寄せる島田典道(菅田)の“繰り返される夏の一日”の一部が観られる。

 公開されたポスタービジュアルには、夜空に打ち上げられた花火、入道雲、風車、灯台を背景に振り返るなずな&典道が配置されており、夏の青春の日々が凝縮されたかのような美しいデザイン。予告編映像では、実写版に使用された名曲「Forever Friends」をBGMに、プールサイドに横たわるなずなに声をかける典道、浴衣姿で大きなトランクを運ぶなずななど実写版の名シーンが登場。思いを寄せるなずなに「この世界で、俺はおまえといたい!」と願う典道の、切ない夏の思い出が断片的に映し出される。

 本作は、フジテレビのドラマ枠「ifもしも」で放送され、1995年に劇場公開された岩井監督の青春ドラマを、テレビシリーズ&映画版「モテキ」、映画『バクマン。』(2015)などの大根仁の脚本により、“繰り返される夏の一日”の恋の奇跡を描くラブストーリーとして現代的にアレンジ。母親の再婚が決まり転校することになった少女なずなと“かけおち”しようとするも失敗し、「もしももう一度あの日をやり直せたら……」と不思議な玉を投げつけたことから、“あの日”が繰り返されていく。声優陣は、広瀬、菅田のほか人気声優・宮野が典道の恋敵となるクラスメイト・祐介役に決定している。(編集部・石井百合子)