カンニング竹山

写真拡大

14日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、カンニング竹山が、LINEで借金の無心をした後輩にキレた過去を明かした。

番組では、「いきなりの電話…失礼?」と題し、「唐突に電話を掛けてくるのが失礼かどうか」について議論を交わしていた。これに意見を求められた竹山は、「全然大丈夫でしょう!」と断言する。

竹山は「対面」「電話」「メールなどの文章」の順がコミュニケーションの礼儀だと主張し、これが変わってきた現状がおかしいと持論を展開していく。続けて、「こんなことがOKになるからさ。仕事休むとかいうのも、いきなりLINEだメールで」「電話だろ!もしくはこっち来なきゃだめだろ!」と意見したのだ。

そして竹山は、過去に後輩からLINEで借金の相談をされたことを紹介し、「『金借りに来るなら面と向かって土下座すんだ。バカヤロー!』って言ってやりました」と、ブチ切れたことを明かす。

この主張に一同が声を挙げる中、MCのバナナマン・設楽統が「(後輩の無心には)LINEで返したんですか?」と尋ねると、竹山は、「家電から電話しました。携帯じゃなくて」と答え、スタジオを笑わせていた。

【関連記事】
カンニング竹山が男性エステでのスキャンダルを告白 「訴えますよ」と怒られる
カンニング竹山が失礼だと感じるハーフタレントへの質問
カンニング竹山 ファミレスで勉強する若者に苦言「自分勝手な意見」