湘南ベルマーレのMF菊地俊介【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

主将・高山の長期離脱。5日早朝にもたれた話し合いの場

 キャプテンにして「湘南スタイル」の体現者、FW高山薫が右ひざに大けがを負い、長期離脱を強いられた湘南ベルマーレ。心身両面でチームを引っ張るダイナモの今シーズン中の復帰がほぼ絶望となった大ピンチで、曹貴裁監督は入団4年目の25歳、MF菊地俊介を新キャプテンに指名。すべて無失点で5連勝中だった9日の東京ヴェルディとの上位対決を、2ゴールをあげた菊地の活躍もあって3‐2で制した。J1復帰へ向けて再加速する体勢を整えた、キャプテン交代を導いた知られざるドラマを追った。(取材・文・藤江直人)

--

 ゴールキーパーの秋元陽太、湘南ベルマーレのチームスピリットを伝えるアンバサダーを昨シーズンから務めるMF藤田征也、そしてボランチの菊地俊介が緊急の話し合いの場をもったのは5日の早朝だった。

 午前9時半から始まる練習の直前。場所は馬入ふれあい公園サッカー場の管理棟1階に設けられたメディカルルーム。昨シーズンから引き続き副キャプテンを務める入団4年目の25歳の菊地は、ともに今年30歳になる秋元と藤田からこう切り出されたと明かす。

「僕は去年大けがをして長期離脱してしまいましたけど、左腕にキャプテンマークを巻いてプレーすることでひと皮むけるんじゃないかと、(秋元)陽太君と(藤田)征也君から言われたんです」

 時計の針を3月25日に戻す。ホームのShonan BMWスタジアムにジェフユナイテッド千葉を迎えたJ2第5節で、ベルマーレはFWジネイ、MF奈良輪雄太のゴールで2‐0の快勝を収めた。

 しかし、好事魔多し。左ワイドを主戦場として「湘南スタイル」の根幹をなす「前へ」の精神をピッチで具現化していたダイナモ、キャプテンの高山薫が右ひざを痛めて前半終了間際に退場してしまう。

 しかも、1日に発表された精密検査の結果がショックに拍車をかける。右ひざ前十字じん帯の損傷。全治まで約8ヶ月ということは、イコール、今シーズン中の復帰はほぼ絶望となったことを告げる。

 翌2日にはアウェイでカマタマーレ讃岐との一戦が控えている。曹貴裁監督は副キャプテンの菊地に代行を任せたが、開始4分でミス絡みから先制されたベルマーレは動揺し、攻守ともに精彩を欠いてしまう。

 最終的には前半のうちに3失点を喫し、攻撃陣も不発に終わった。6試合目で喫した初黒星に、指揮官は秋元、菊地、DFアンドレ・バイアの副キャプテンに代行を任せていくプランの変更を決める。

「讃岐戦の後に(いまのままでは)よくないと思って。誰かが口火を切って選手間で話をしていくというところで、副キャプテンにキャプテン代行を務めさせるよりは、(高山)薫がいない間はちゃんとキャプテンを置いたほうがいいと。ただ、僕は当初、年長ということで(秋元)陽太にやらせようと思っていた」

監督室に呼び出された秋元と藤田。指揮官が抱いていた一抹の不安

 カマタマーレ戦から一夜明けた3日はクールダウンと控え組の練習試合を行い、4日のオフをはさみ、首位に立つ9日の東京ヴェルディ戦へ向けて始動する5日の練習前に、秋元と藤田を監督室に呼んだ。

 秋元に方針を伝えたうえで、一抹の不安も正直に打ち明けていた。ゴールキーパーよりはフィールドプレーヤーに、キャプテンを任せたい。ボランチとして攻守の要を担う菊地は、まさに適任でもあった。

 ただ、菊地自身も昨年3月24日の練習中に右ひざ前十字じん帯を損傷して、シーズンの大半を棒に振っていた。全治までは約8ヶ月と、くしくも高山と同じ診断結果を突きつけられていた。

 驚異的な回復を見せてセカンドステージの終盤戦には復帰したが、オフをへて始動した新チームでの練習や試合を見ながら、決して100パーセントのコンディションには映っていなかったのだろう。

「僕から『どうだ』と聞けば、シュン(菊地)は『やります』と絶対に言うだろうけど。ただ、状態を考えればあまりそういう(キャプテンという大役を)背負わせないほうがいいんじゃないかとも思ったし、一方で讃岐戦ではシュンがキャプテンマークを巻いていたので、陽太に変えることをシュンがどう思うか」

 逡巡する指揮官の胸中を察したのだろう。秋元と藤田は「僕らがシュンと話をします」とその場での回答を保留して、練習開始へ準備していた菊地を呼び止めてメディカルルームへ向かった。

 大宮アルディージャのジュニアユース、埼玉県立伊奈学園総合高校、そして日本体育大学を通じて、キャプテンという肩書とは無縁だった菊地も、秋元と藤田から言われる前から覚悟が決められないでいた。

「湘南で僕がキャプテンマークを巻いたときに、いいゲームができた思い出がないんですよ。2015シーズンに初めて、勝てばJ1残留が決まる山形戦で巻いたけど0‐1で負けてしまった。あのときは(永木)亮太君が累積警告で出場停止、(遠藤)航がけがで欠場したので自分が任されたんですけど。讃岐戦も負けたし、あまりいいイメージがなかったんですけど」

「本当にこのサッカーでもっと上に行きたい」

 ただ、今シーズンのメンバーを見渡したときに、開幕から独走状態でJ2を制した2014シーズンを戦ったメンバーは、秋元と藤田の他にはベテランのDF島村毅と同期入団のMF石川俊輝しかいない。

 しかも、昨シーズンの秋元はFC東京でプレーしていて、石川は最初の2年間はリザーブや途中交代が多かった。藤田は2014シーズンの開幕直後にアルビレックス新潟から加入し、島村はさまざまな守備的なポジションを務められるユーティリティープレーヤーという位置づけだった。

 翻って菊地は、ルーキーイヤーの2014シーズンの開幕戦からレギュラーとして活躍。永木亮太(鹿島アントラーズ)とのボランチコンビでJ2制覇に貢献し、翌2015シーズンには年間総合8位で悲願のJ1残留も果たした。

 昨シーズンこそ大けがで一時停止を余儀なくされたが、それでも2012シーズンから指揮を執る曹監督のもとで育まれてきた「湘南スタイル」を、最も理解している一人という自負も抱いていた。

「長くやっているので、そういうところはあります。まずは前へ行くところ。ドリブルでボールを運ぶのもそうだし、縦パスを入れてスイッチを入れる役目を果たすのもそう。球際の激しさや攻守の切り替えの速さは、僕が1年目のときから湘南というチームの特徴だと思っているので」

 2015シーズンのオフには永木とDF遠藤航(浦和レッズ)、MF古林将太(名古屋グランパス)がそれぞれ移籍。現在は復帰しているが秋元も1年間チームを離れ、昨シーズンのオフにはMF菊池大介(レッズ)と同期加入のDF三竿雄斗(アントラーズ)、FW大槻周平(ヴィッセル神戸)も乞われて旅立った。

 菊地自身も2015シーズンのオフに、サガン鳥栖からオファーを受けている。中盤におけるダイナミックなプレーが評価されたが、迷うことなく残留を決めている。

「その話が来たのがちょっと遅かった、というのもありますけど、一番は曹さんがいるからというか、本当にこのサッカーでもっと上に行きたい、上に行けると思ったので。自分の1年目からずっと一緒にやってきたので、求められるサッカーも理解していたので」

 いつも大きな背中で進むべき方向を示してくれる、曹監督の存在を契約延長の理由にあげた菊地は、シーズン中に25歳になる2016年へこんな抱負も抱いていた。

「もう若手とは言えない。僕や三竿はずっとJ1で試合に出させてもらって、いろいろな経験もした。(菊池)大介や(石川)俊輝を含めて、同じ1991年生まれの選手が中心でやっていかなきゃいけない」

「自分から『やります』と言ったことがすごく大事なんです」(曹貴裁監督)

 昨シーズンはキャプテンの高山を、菊地、菊池、そして三竿の3人が副キャプテンとして支えた。そのなかで開幕直後に離脱したことに対する忸怩たる思い、今シーズンも指揮を執る曹監督へ注ぐ畏敬の念、何よりも湘南というチームに抱く深い愛が、代行ではなく正式にキャプテンを務める決意を導く。

「あの日(5日)は午前、午後の2部練習で、午後が始まる前にも陽太君と近くのカフェに行って話をしました。最終的には僕の意見を尊重すると陽太君は言ってくれたので、そこで『やります』と。2年目までは自分のことで精いっぱいだったけど、いまは自分が若手を引っ張っていかなきゃ、という気持ちが強い。

 年齢的にもそう思っていますし、亮太君や航、三竿、大介たちもいまは違うチームで頑張っている。今シーズンの僕たちはJ2で戦っていますけど、前日などにJ1の試合があるときはもちろん映像を見ているし、すごく刺激にもなっています」

 秋元から報告を受けた曹監督は、前日に手術を受けていた高山へ連絡を入れた。菊地にキャプテンを任せる経緯を説明したうえで、「いまはけがを治すことに集中しろ」と檄を飛ばしている。

「何も言わないのは薫に対して失礼だからね。シュンに関しては、自分から『やります』と言ったことがすごく大事なんです。そういう気持ちが、ヴェルディ戦のプレーにも反映されていたと思うので」

 果たして、間断なく雨が降る敵地・駒沢陸上競技場で行われたヴェルディ戦は、前半16分に先制を許す。カマタマーレ戦から引きずる悪い流れ。5連勝を達成している間、すべて無失点という堅守を誇るヴェルディ。ベルマーレを覆いかけた嫌なムードを、言葉とプレーで振り払ったのが菊地だった。

「ボールを前へ運ぶところで慎重になりすぎているので、ミスを恐れることなくプレーしよう。相手にボールをもたれたときには、もう少しコンパクトにしてプレッシャーをかけよう」

 失点後に全選手を集めて組んだ円陣で、雨の影響でスリッピーになっているピッチに対してナーバスになるなと檄を飛ばした。そして、わずか5分後には今シーズン初先発した19歳、MF神谷優太の縦パスを受けて切り返し、ペナルティーエリアの外側から鮮やかなミドルシュートを決めて同点とする。

「コースが空いていたし、芝生も濡れていたので、速いボールを狙った場所へ蹴ることができました」

 計算通りに相手GKの手前でワンバウンドさせて、球足をさらに鋭くさせた。神谷に加えて18歳のルーキーコンビ、DF杉岡大暉(市立船橋高校)とMF石原広教(湘南ベルマーレユース)と、若さを勢いに変えるために3人もの十代選手を先発させていたベルマーレはこの一撃で硬さが取り除かれ、攻守両面でヴェルディを圧倒していく。

最高の形で引き継がれた大役。再加速の体制を整えた湘南

 前半33分にジネイが押し込んだ勝ち越し弾は、菊地とボランチを組んだ石川が積極果敢に前へ出て成功させた、インターセプトからのショートカウンターから生まれた。そして後半9分には、神谷が蹴った左コーナーキックを菊地が頭でねじ込んで突き放した。

「1試合で2点を取るの、実は初めてなんですよ」

 笑顔を弾けさせた菊地のなかで、最終的には3‐2でヴェルディを振り切り、名古屋グランパスと勝ち点16で並び、得失点差でわずかに後塵を拝する2位に浮上させた勝利は、キャプテンマークを巻いたときに募らせてきたトラウマをも消去させたようだ。

「キャプテンマークはあまり意識しないようしていますけど、試合へ向けてユニフォームを着て、左腕に巻くと責任感が芽生えるというか。気持ちが引き締まりますね。僕が1年目のときは十代の選手なんてほとんどいなかったけど、アイツらはメンタルが強いからミスを恐れない。僕ももっと頑張らないと」

 一夜明けた10日、都内の病院にDF岡本拓也とともに高山を見舞った。ヴェルディ戦をDAZN(ダ・ゾーン)で観戦していた高山は勝利を喜び、「病人に思われるのが嫌だから」という理由で、入院前に日焼けサロンに通ったことを明かしては菊地と岡本を爆笑させた。

「曹さんから電話で聞いていたこともあって、その(キャプテンの)話は特にそれほどは。いつも通りに、すごく元気よさそうでした。(日焼けサロンの効果で)肌も黒かったし」

 ショックが残っているはずの高山が前向きな笑顔を見せることができたのも、「湘南スタイル」を発動させていくうえでベストの選手に、最高の形で大役が引き継がれたからだろう。菊地の自発的な言動を導いた曹監督の細やかな気づかい。指揮官の思いを感じた秋元と藤田の忖度。まさに雨降って地固まるとばかりに、ベルマーレがピッチの内外で一丸となって、再び加速する体勢を整えた。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人