写真提供:マイナビニュース

写真拡大

freeeは4月13日、住信SBIネット銀行との振込データ連携を開始したと発表した。住信SBI銀行の法人インターネットバンキング口座を持つユーザーは「クラウド会計ソフト freee」から振込依頼が可能になる。

従来の振込手続きでは、会計ソフト上で生成された振込データのファイルをダウンロードし、別途ログインしたインターネットバンキングでファイルをアップロードする作業が発生していた。

今回、「クラウド会計ソフト freee」と住信SBIネット銀行のインターネットバンキング間で振込データの連携が実現することにより、「クラウド会計ソフト freee」上で自動的に生成された振込データが、振込依頼元である住信SBIネット銀行に自動連携されるため、「クラウド会計ソフト freee」から振込先への振込依頼が可能になり、ファイルのダウンロードやアップロードといった作業が不要になる。

(山本明日美)