写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アドバンスト・メディアは4月14日、医療・介護向けのクラウド型音声入力サービス「AmiVoice CLx(アミボイス シーエルエックス)」のモバイルサービス「AmiVoice CLx Mobile(アミボイス シーエルエックス モバイル)」を6月より開始すると発表した。

新サービスを使うことで、病院内外や外出先など、いつでもどこでも、音声入力(携帯の電波やWi-Fiなどでインターネット接続が必要)できるほか、音声入力結果の画面をワンタッチでBLE(Bluetooth Low Energy)を経由し、オフラインのパソコンに貼り付けることを可能としている。

また、契約に応じて、カルテ・放射線・病理・介護・調剤薬歴・医療メールなどの専門辞書に切り替えることが可能で、医療専門用語を標準搭載。ユーザーの音声の特徴を自動学習するため、使えば使うほど音声認識の精度が向上するという。

さらに、AmiVoice CLxと同様に単語登録機能を使用することで、人名や病院名など特定の固有名詞の認識ができることに加え、定型文や雛形文書をテンプレートとして登録することで、長文や複雑な表現をキーワードで呼び出すことも可能としている。

料金は月額と従量課金から選択でき、従量課金制は月額1200円〜。そのほか、ユーザーの用途に合わせて、さまざまな料金プランを用意しているという。

(岩井 健太)