©︎Disney

写真拡大

2017年5月14日(日)にDlifeで放送される「ラプンツェル あたらしい冒険」。

【写真6枚】「ラプンツェル あたらしい冒険」中川翔子さんフォトギャラリー

映画『塔の上のラプンツェル』のその後を描くテレビシリーズ「ラプンツェル ザ・シリーズ」の序章となるテレビスペシャルです。

今回は、「ラプンツェル あたらしい冒険」アフレコ中の中川翔子さんにインタビュー!

6年間“いつも心にラプンツェルを”と思い生活してきたしょこたんのラプンツェルへの想い、新シリーズの見所をたっぷりと伺いました。

中川翔子さんにとってラプンツェルはどういったプリンセスですか?

ラプンツェルはプリンセスなのにずっと裸足。

キスシーンは全部自分から押し倒すし、長い髪を使ってジャッキー・チェンみたいなアクションもやるし。

そして、夢を見つけて夢を叶えるためには自分自身の強い心、強い衝動がとても大事で、夢を見つけたらその数だけ素敵な未来に夢が繋がって輝き出すという。

今まで何回観たか分からないですけれど、観るたびに新しい発見をくれる、そんな勇気のプリンセスだなと思います。

中川翔子さんにとってディズニープリンセスとは?

ディズニーの作品は子供の頃特に繰り返し繰り返し観ますよね。

子供の頃『美女と野獣』を映画館で観て、そして大好きなプリンセス、オーロラ姫の『眠れる森の美女』だったり、「ドナルドの怖い話」のビデオをテープが擦り切れるくらい繰り返し観て。

6年前のラプンツェル公開時は生まれてなかった小さい女の子からお手紙を頂いたり、先日のテレビ放送で初めてラプンツェルを見た、知った、触れたというかたもいっぱいいらっしゃって。

そういう意味では、ディズニーのプリンセスってとても特別というか、古くなるのではなく時を重ねるごとに輝きを増して思い出が濃くなっていく、絶対的にずっと普遍的でいてくれる存在です。

ラプンツェルの声を再び演じることへの想い

普通だったら6年前にアフレコをして、それで完結していると思うんですけれど、すごく落ち込んだ時や何か新しい髪切る、引っ越すといった時も繰り返しラプンツェルを観ていて、自分の中でも「いつも心にラプンツェルを」と思って生きているんですけれど。

だからこそ6年経ったんだとちょっとびっくりなんですけれど、実際に6年経っているので、当時と声が変わらないように、普段の「中川翔子」があまり浮かばないように「ラプンツェル」ってものにしたいといつも思ってアフレコしました。

ラプンツェルの曲として末長く愛されていけばいいなと思いながら歌いました

インタビュー直前まで「ラプンツェル あたらしい冒険」の挿入歌「髪に風うけて」の歌の収録を行なっていた中川さん。

「ラプンツェル あたらしい冒険」では、『塔の上のラプンツェル』の作曲家でありディズニーミュージックの巨匠アラン・メンケンが3曲を書き下ろしました。

中でも「髪に風うけて」は、「ラプンツェル ザ・シリーズ」の主題歌にもなる曲です。

また、中川さんは『塔の上のラプンツェル』では歌は担当しておらず、今作がラプンツェル作品で初の歌声披露となります(ラプンツェル役では「ちいさなプリンセス ソフィア」で歌唱経験あり)。

中川さん

今回は初めてラプンツェルの歌を歌わせて頂いたんですけれど、普段の歌い方とは違い今回は単語ごとに、ラプンツェルの顔を見ながら、マンディ・ムーアさん(ラプンツェルの英語版声優)の声を聴きながら歌い方を調整していきました。

ラプンツェルとして話すように歌ったり、風に乗るような、めちゃくちゃ良い曲で。

アラン・メンケンさんもラプンツェルの歌をまた書けて嬉しいなという感じで書いたんじゃないかなあというとっても楽しいメロディで。

すごくラプンツェルらしい、「自由への扉」を彷彿とさせるような入り方も感じられて、「あっラプンツェルの歌だ」ってすぐわかるような新しい曲になっていて。

この曲がまたラプンツェルの曲として末長く愛されていけばいいなと思いながら歌いました。

-プレッシャーは感じましたか?

プレッシャーはすごかったです。

ラプンツェルとしてのミュージカルに近い、話しているように歌うので、普段私はこう歌わないけれどラプンツェルだったらこう歌うとか、サビのところの符割も最後の最後まで調整しました。

やっぱりこうしてみようとかスタッフの方と考えて…実際歌って見て気持ち良い歌い方と、実際聴いて見て気持ち良い歌い方と。

これが永遠に残ってしまうというプレッシャーと責任感はすごかったです。

ラプンツェル新シリーズの見所は?

「ラプンツェル あたらしい冒険」は『塔の上のラプンツェル』エンディングから半年後の物語。

TVシリーズでは、短編『ラプンツェルのウェディング』の前まで、つまりラプンツェルがプリンセスとしてお城に戻ってから結婚するまでの物語が描かれます。

3DCGで描かれていたラプンツェルたちは2Dタッチになり、新キャラクターも登場。

一体どうなってしまうのでしょうか。

中川さん

今回の物語のお話も、ラプンツェルの映画を繰り返し見ている方こそより楽しめるお話になっています。

映画のエンディングでユージーンが何年も何年も結婚するまでに時間がかかったんだよと言っていますが、今回はその間の結婚するまでのお話なので、続編というよりも、どうやって結婚に至るかまでをすごく深く掘り下げている作品なので。

絵のタッチも3Dから2Dになったり、最初はびっくりするかもしれないですが、こっちではこうなってるのかとか、お父様とお母様は映画本編では喋ってなかったけれど今回はこんなに話してるとか、知られざるこんな話があったのねとか、より深くラプンツェルの世界に飛び込めると思います。

ファンへのご褒美感てんこ盛り!

-ラプンツェルの髪も復活して、アクションシーンもありますね。

映画ではショートヘアで終わったじゃないですか。

でも…伸びちゃうんですね(笑)

髪の長いラプンツェルも大好きなので、また見れた嬉しい! という気持ちでした。

そして髪使いが久々なのにパワーアップしていて。

それにフライパンを使った技だったり、フリンユージーンの色男感もパワーアップしていて、全体的にみんなより濃くなっている感じがありますね。

なので「あたらしい冒険」という意味では、閉じこもっていた塔の世界から外に出てやっと本来いる場所に帰ったのですが、一度「外の世界はこうなっているのか」と夢の向こう側を知ってしまったラプンツェルは誰も止められない!

ラプンツェルの好奇心や心の強さだったらこうなっちゃうよねという、観ていてワクワクするラプンツェルらしいお話になっています。

髪の長いラプンツェルにまた会えたのもすごく嬉しいですし、すぐしっくり来ちゃうと思いますので、映画を繰り返し見ていてあの場面は? あのキャラはどうなっちゃうの? みたいところが全部ちゃんとあってくれるのは、6年間待ちに待ったご褒美感がてんこ盛りになっていると思います。

マキシマスの活躍やパスカルの可愛さ、ラプンツェルのおてんば感、全てがパワーアップして戻って来てくれます。

6年間ラプンツェルと接してきたしょこたんの熱いラプンツェル愛が伝わってきたインタビュー。

「ラプンツェル あたらしい冒険」は、しょこたんのようなラプンツェルファンも大満足、より深くラプンツェルの世界を楽しめる作品です。

「ラプンツェル あたらしい冒険」
2017年5月14日(日)18:05〜19:30
Dlifeで放送