カカオ本来のおいしさを引き出した「カカオニブボウル」

写真拡大

ビーントゥーバーチョコレート専門店「Salagadoola(サラガドゥーラ)」は、カカオニブを使ったカフェメニューを提供する「Salagadoola #CacaoNibsBowl Cafe」を4月22日(土)、表参道のカフェ「Cafe and Dining Bar 367°」内にてオープンする。

【写真を見る】店舗外観

カカオニブとは、カカオ豆を砕いて殻を取り除いただけの、チョコレートのピュアな原料。アサイーやブルーベリーよりも多くの抗酸化物質を含み、さまざまなミネラルに加え、セロトニンやトリプトファンなど、多くの栄養素がつまったスーパーフードだ。

注目の「カカオニブボウル」(1300円)は、新鮮なフルーツをトッピングし、エクストラバージンココナッツオイルで仕立てたカカオニブのグラノーラ。そこにプレーンのカカオニブとカカオニブシュガーローストを散りばめた、味覚も体も喜ぶ一品だ。

そのほかにも「カカオニブを『食べるホットチョコレート』」(600円)など、カカオ本来のおいしさを味わえるメニューが充実。新感覚のスーパーフードスイーツをぜひご賞味あれ。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】