14日、中国メディアの環球網が、NHKが放送した番組の中で、日本の国旗を中国の国旗の下に表示していたことについて、日本の政治家から批判の声が出ていると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年4月14日、中国メディアの環球網が、3日にNHKが放送した番組の中で、日本の国旗を中国の国旗の下に表示していたことについて、日本の政治家から批判の声が出ていると伝えた。

NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」で、航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で、日本の国旗を中国の国旗の下にして表示した。

この件について岸信夫外務副大臣は、13日の参院内閣委員会で、「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と語ったが、記事はこのことについて「日本の政治家のガラスのハートを砕くことになった」と主張。また、自民党の有村治子参院議員は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判したという。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国のネット民は大喜びだな」「わが国の国旗を日本の国旗と一緒にすること自体、わが国に対する侮辱だ」などのコメントが寄せられた。

また、「大和民族はここまで自信がなくなったのか」「まさにガラスのハートだ」「日本にもガラスのハートがあるとは思わなかったよ」など、細かなことに過敏に反応し過ぎとの意見も多かった。(翻訳・編集/山中)