左からM高史さん、母の美加さん、三男の鴻輝さん、次男の鮮輝さん

写真拡大

昨年の福岡国際マラソンで故障を抱えたまま、2時間9分11秒で日本人トップの総合3位となり、見事、今年のロンドン世界陸上の切符を手にした川内優輝選手。

箱根駅伝に挑戦したアスリートの「第二の人生」について聞いてみた

本人の口からは聞けない言葉を、川内優輝選手のモノマネをしているM高史(以下M)さんを通じて、優輝選手の家族の母の美加さん、弟の鮮輝(よしき)さんと鴻輝(こうき)さんから引き出しました。

家族のみなさんは優輝選手のことをどう思い、どう支えているのか。家族の前でしか見せない川内優輝選手の姿とは?

以下、インタビュー
・・・・・・・・・・・・・

―福岡国際マラソンに強行出場するまでの経緯

M:福岡国際マラソンでは家族の反対を押し切っての強行出場という話を聞きました。
2時間9分11秒という素晴らしい結果でしたが、レース直前までどんなことを思っていましたか。

鴻輝:
ロンドン世界陸上を目指すにあたって手段はいくつかありました。福岡国際マラソンにこだわらなくても、2か月後の東京マラソンや3か月後のびわ湖毎日マラソンという選択肢もありました。

わざわざ、コンディションが整っていない福岡国際マラソンに出場することに対し家族全員大反対です。

M:どんなときにそういう会話に。

鴻輝:
どういうときというか、こっちからふっかけます。「やめとけ」って。

M:そういうとき優輝選手はどんな反応を?

鮮輝:
何の反論もせず黙っています。ただ、こちらから言い過ぎると怒り出すというか、「じゃあ、出場しないことを新聞社とかテレビ局にお前が連絡してくれるのか!」ってなりますから、あまり言い過ぎないようにしています。

母:
最初は万全じゃないのにスタートラインに立つことに再三反対したのですが、ずっと黙っているので、これはもう本人の中で意思が固いなと。

どんな状況だろうと出場するという決意を持っていることを悟ったので、これはもういくら反対しても聞かないから本人の意思に任せるしかないかな、と思いましたね。

出場する意思が自分の中では決まっていたのに、家族に反対されたのは嫌だったのだろうなって思います。だから、何を言われても黙っていたのかなと。

―逆境への強さの理由

M:学生時代の箱根駅伝(第83回、第85回の箱根駅伝を学連選抜として、いずれも6区で出場)前も寝込んでいたっていう話を聞きましたが、レース前のアクシデントはよくあるのですか?

鴻輝:
箱根駅伝前に限らず、レース前に体調を崩すということは多いですね。箱根駅伝のときは風邪をひいていましたが、そのときは区間3位。逆に、全ての調子がよかったときは、あまり良い走りをしてないですね。

逆境に強いというか、不安があるときの方がいいパフォーマンスができています。先日の2時間10分を切った愛媛マラソン(2017年2月12日開催。川内選手は2時間9分54秒の大会新で優勝)前も、とても2時間10分を切れるようなトレーニング内容ではなかった。

僕でも一緒にできてしまうくらいのトレーニング内容でしたからね。手を抜いているわけではないし、疲れている感じもありましたね。

M:それってどういうことなのでしょう。

鴻輝:
自分自身に期待が持てるときよりも、自分自身に言い訳があるときの方が良い結果を出せる傾向はあります。

鮮輝:
開き直る能力が高いと感じます。福岡国際マラソン前も故障で思うようなトレーニングができてないという悪い流れの中、さらにレース3日前に捻挫をしました。

兄もかなりテンションが下がっていて、大会前日には事務局にドーピングにひっかからない痛み止めがあるかという問い合わせをしたくらい切羽詰まっていました。

さらに大会前日に福岡でいきつけのカレー屋にいったら、そのお店がつぶれていた…。兄には直接言えなかったけど、これって完全に最悪の流れだなって。

ただ、翌日(レース当日)の朝、兄を見たら何か違っていました。明らかに前日とは雰囲気が違う。何かを悟ったように前日とは別人に。そして、あの快走です。

―家族の支え

M:現地で応援していたようですが、どういう心境で応援していましたか?

鮮輝:
とにかく、最初はびっくりしました。
これまでの現状を知っていましたから怪我なく無事に走り終えてくれたら良いな、と母と一緒に25km手前くらいで応援していました。

でも、いざ目の前を通過するとき、後ろに海外選手を引き連れて先頭を走っていました。いったい何が起きているの!?って。

元々その地点での順位を兄に伝える予定だったのですが、先頭できちゃいましたからね。想定外すぎて応援している方がパニックです。

鴻輝:
私は現地で応援できなかったのですが、20kmまで先頭集団にいられれば、良いところにいくだろうなって思っていました。

これまでのレースでも20kmまでペースメーカーにつけているときは、そのあとに大失速ってなかったと思います。ダメなときは20km手前で脱落しています。

ロンドン五輪の選考レースの2011年の福岡国際マラソンでも、直前まで風邪を引いていて練習ができていなかったのですが、今井選手とデットヒートをして、日本人トップの3位。

過去にそういうこともありましたので、全然練習できていなくても、今回も2時間12分くらいではまとめてくるだろうなと思っていました。

全然練習できてないといっても、実はこちらも騙されていて、実際はかなり練習していたようです。

M:今回の福岡国際マラソン前には長い距離を意識して練習していたと聞きましたが。

鴻輝:
レース2週間前から1週間前にかけて、50kmのジョギングを2回、他にもかなり走りこんでいました。

鮮輝:
スピード練習を入れると、かなり脚に痛みが出たようなのですが、ゆっくりと距離を踏む分には痛くなかったみたいです。

なので、できる練習を消去法で考えていったら、距離を踏むしかないとなったみたいです。消去法で選んでいった練習が兄にピタッとはまったという感じですかね。ほぼ奇跡に近いです。

M:ケガの功名というのでしょうか。50kmとか100kmとかを取り組むようになったのは鮮輝さんのウルトラマラソンへの挑戦をみて、弟ができるなら自分もできると感じたと聞きましたが。

鮮輝:
50kmジョギングは一緒にやることもあります。弟ができるなら自分もできると思っているところがあって、壁を破ることができたとは聞いています。

M:家族みんなの支えがあっての福岡国際マラソンということですね。

川内家:
うーん…。そんな感じはないですね(笑)。

母:
ケガはしているけど、もしかすると…という期待はないことはなかったので、福岡に応援に行ったのですが、現地に入っての捻挫をしたって聞いて、致命的だなと。

捻挫さえなければ、もしかしたらやってくれるかなという淡い期待みたいなものは持っていましたけど、捻挫をしたと聞いて、正直なところあきらめました。

鮮輝:
腫れていましたし、内出血もしているくらいの捻挫でしたからね。トイレから出てきて、本当に何もないところでグキって。せっかちなところがありますから(笑)。

鴻輝:
小さい頃からおっちょこちょいとは言えないようなことが多々ありましたね。

バスケットボールのジャンプボールで指を骨折したり、高校生の頃、自転車を猛烈にこいで、ブレーキをかけて一回転して、歯から地面に激突して歯を折ったり。

M:雨が冷たくてアイシングになったとコメントをしていましたが。

鴻輝:
麻痺したって言っていました。

母:
気温が高かったらどうなっていたか分からなかったって。色々なことが上手くいったのかな。ペースメーカーが上手く機能していなかったというのもよかったのかもしれません。

鮮輝:
奇跡的なことがはまったのかもしれませんが、この流れの中でもしっかり走れたということに手ごたえを感じて、それが活きたのが、先日の愛媛マラソンだったのかなと思います。

これまでの経験が形になってきて、今後、もっと面白くなると思いますよ。

M:川内選手がサブ10(2時間10分切り)を達成したのは全て国際大会や代表選考会だったはずですが、愛媛マラソンでサブ10って(笑)。

起伏もあるコースで、一人で引っ張って、スペシャルドリンクもなしで、独走して2時間10分切りってとんでもないことだと思います。

今回、美加さんも実際、愛媛マラソンを走ったんですよね。どうでしたか?

母:
かなりのダメージを受けました。初マラソン(2016年ゴールドコーストマラソン3時間48分39秒)が上手く走れたので、甘く見ていたのかもしれませんが、マラソンの洗礼を浴びましたね。

私にとってはすごくキツイコースでしたけど、長男(優輝選手)からすると、あれは中程度のキツさって言っていましたね。

―強さの原点

M:普段のご自宅での優輝さんはどんな感じですか。

鴻輝:
自分を押し通す力が強いなって。わがままとも言えるし、自分を持っているとも言えます。逆に自分の思い通りにいかないとイライラすることもありますね。

練習メニューが周りの環境のせいで狂ったりすると怒ったりすることも。

例えば、週刊誌の記者の方が家の前にいたりすると、やる気がなくなって、練習メニューを変更したりすることがあります。「本当にやめて欲しいわ…」って静かに怒っていますけど。

鮮輝:
スーパーマンだなと思います。隙間のない生活をしていて、走っていることだけに全力ではなく、仕事に対しても全力です。海外のレースから帰国して、休まず直行で職場に行くこともあります。

そこまでやらなくてもいいじゃん、ということにも全力で取り組むので、普通の人を遥かに超えたスーパーマンだなと。僕にはできないことなので、本当にすごいなって。

母:
細かいですよ。スケジュール表とかびっしり。大会があると、分刻みに近い計画を立てています。徹底しているなという感じです。

鴻輝:
去年のさいたま国際マラソンの解説をしたときは、事前の準備を恐ろしいくらい徹底していました。A3用紙両面3枚くらいにびっしり色々と書いていましたね。

母:
小さい頃から好きなことや凝ったことには徹底していましたね。子育ての中で何がそうさせたかはっきりとは分からないのですが、ジグソーパズルを与えると熱中していましたね。

ちょっとおとなしくして欲しいなというときはジグソーパズルを与えると何時間でもやっていましたね。

M:僕は今、幼児教育の勉強をしているのですが、幼少期の影響というのはあるようですよ。

母:
夢中になったときの集中力はすごいですね。

M:そして、小学校からは美加さんご指導のもとに、毎日がタイムトライアル。

鴻輝・鮮輝:
本当に毎日がタイムトライアル(笑)

母:
その当時はマラソンの選手になって欲しいとかそういうのはなくて、ただ、目の前の大会に向けて、いい結果を出すための練習という感じでしたね。今の時代ではあんなこともうできないでしょうけどね。

鴻輝:
当時もダメでしたけどね(笑)。犬の散歩をしているおじさんが助け舟を出してくれることもありました。でも、母の返り討ちにあっていました(笑)

母:
私も当時は夢中だったのでしょうね。

鴻輝:
母のすごいところは子どもがダメなときに、自分の教育方針が悪いのではなく、悪いのは全部子どものせいって思っていましたね。

鮮輝:
自責の念は完全になかったと思いますよ。

M:自分の信念を貫くというのは優輝さんに受け継がれている感じですね。

母:
男3兄弟だったので、成長とともに体力的なことを含め、男の子には負けちゃうじゃないですか。負けないためにもそういう感じだったのかもしれませんね、女の子がいたら違ったと思いますよ。

M:逆に今は、勝手に美加さんをマラソン大会にエントリーするってことが起きているようですけど。

母:
昔の仕返しでしょうね(笑)知らいないうちにエントリーされていますからね。この年齢になってまさかフルマラソンをやるとは全く思っていなかったですから。

M:美加さんのラストスパートをみると、優輝さんを彷彿させる走りですよ。

鴻輝:
追い込み方は兄と似ていると思います。先日の愛媛マラソンでも、レース後に歩くのが困難になりましたし、一週間くらい血尿に。長期合宿で血尿になった経験はありますが、1回のレースでそこまで追い込めるというのは…

鮮輝:
才能だね。

母:
走るのが怖くなっちゃいましたね。

鴻輝:
でも、レース後にテレビに「また走りたい!」って言っていたよね。

母:
そのときはまさかこんなことになるとは思わなかったから。リップサービスも含めて言っちゃったけど、言わなきゃよかったって後悔しています。

―川内家にとってのM高史

M:普段、マラソン以外の会話ってしますか。

鮮輝:
ほぼ、マラソンの話ですね。

母:
それぞれが取り組んでいるものなので、どうしてもマラソンの話が多くなりますね。

M:川内家の会話にM高史が出てくることは。

鴻輝:
結構ありますよ。兄も「Mさんユニフォーム変えない方が良かったのに」とか、「最近、似てきてないよね?」とか、「俺、髪切ったけど」とか言っていました。

あと、Mさんが取り組んでいる福祉事業や社会貢献活動など自分ができていない活動を応援していますね。自分は大きな大会が中心だけど、Mさんが自分の代わりに全国大小様々な大会に行ってくれているという感じがあるようです。

M:「○○でお会いしましたよね〜」って、ご本人とよく間違われることがあるのですが、その逆もあったりするのですかね?

鴻輝:
逆もしょっちゅうあるようですよ。「M高史に似ていますね!」や「○○でご挨拶させていただきました!」と言われて、「それM高史じゃないですかねぇ…。」みたいなことが。

あと、市民ランナーの方がFacebookで兄と一緒に映った写真をアップすると、自動的に顔認証されてM高史と一緒にいますってタグ付けされます(笑)

M:そうです!この前のさいたま国際マラソンで、優輝さんのパネルがあって、参加者がそこで写真をとると僕が勝手にタグ付けされるということがありましたね。ちなみに僕が最初に出てきたときどう思いましたか?

鴻輝:
僕よりも明らかに兄に似ているなって。

母:
やっぱり世の中には似ている人がいるなって。

鮮輝:
兄の知名度を疑っていたので、兄のモノマネをしても厳しいのではないのかって(笑)。兄もいつまで続くかわからないからMさんのことが心配でしたね。

―ロンドン世界陸上へ懸ける思い

M:年末にロンドンを試走に行ったようですが、ロンドンに向けてのスケジュールは。

母:
綿密に組んでいますね。月一回は海外のレースに行ったりもしていますしね。

鴻輝:
練習メニューは綿密に組み立ててはいるのですが、急に変えたりすることもありますね。僕の練習を引っ張ってくれたりすることもありますしね。設定タイムより速いですけど。練習メニューに関しては柔軟性があると思います。

M:鴻輝さんの初マラソンとなった2012年のかすみがうらマラソンで優輝さんがペースメーカーをすると言いながらも途中から独走したこともあったとか。

鴻輝:
キロ3分25秒で引っ張ってくれると言っていたのですが、20kmを過ぎたくらいから3分20秒に上がっていって。

そのとき先頭のアメリカ人が結構飛ばしていて、その後ろに僕らの集団だったのですが、突然「市民ランナーの意地を見せるぞ!」って叫んで追いかけて、追い抜いて、ラストの2.195kmが6分09秒(この記録は世界歴代2位)という驚異的なラップで駆け抜けて優勝してました。

M:その大会がマラソンでの初優勝を皮切りに、その後、多くの大会で優勝を重ねるようになりましたよね。

―日本代表ラストレースがロンドン世界陸上の理由

M:韓国とモスクワでの世界陸上では両方とも18位。

今回のロンドンでは30度以下の暑さなら大丈夫と言っていましたが、暑さへの苦手意識が生まれたのは隠岐の島(2011年隠岐の島ウルトラマラソン50kmの部に出場し熱中症により途中棄権している)での大会ですか?

母:
そうですね。あのときは生死の境をさまよいましたからね。それがトラウマになっているのが大きいような気がします。暑さを感じると、そのときの思い出がよみがえってくるのでしょうね。

M:ロンドンへ掛ける思いが強い理由は?

母:
本人の中では暑い中でのレースではダメだというのがあるので、2017ロンドン世界陸上の次は2019ドーハ世界陸上、その次は2020東京オリンピックという両方とも暑い環境になりますよね。

だから、もうそこは狙えないなと前から言っていました。それにロンドン五輪のときに代表になれなかったという悔しさもあって、今回のロンドン世界陸上にかける思いは強いでしょうね。

モスクワ世界陸上から4年経ちましたけど、その間に海外のレースに何本も走ってきて経験は誰よりも積んでいると思います。その経験を生かして、今回は集大成にしてほしいなと思います。

―優輝選手のプライベート

M:今のマラソンランナーの中では割と筋肉質な体型ですが、食事はどういう感じですか。

母:
高校時代の合宿でかなり食べさせられたみたいで、胃が大きくなったのか、たくさん食べるようになりましたけど、家では特別大食いという感じではなく、人並みですね。

ただ、レース前とレース後はたくさん食べますね。レース前は蓄えようとしているのがたくさん食べますし、レース後は2〜3kgほど体重も落ちるし、開放感からたくさん食べますね。

鴻輝:
レース後は恐ろしいほど食べますね。肉系やケーキをドカ食いしますね。4〜5人前は軽く食べていると思いますよ。

M:お酒は飲むことありますか。

鴻輝:
基本的にはお酒は飲まないですけど、一区切りついたときとか半年に一回くらいは飲んでいますね。ちょっと飲むというかドカッと飲みます。それで、またしばらく飲まなくなります。

母:
毎週レースが入っているので、アルコールは飲まないようにしているみたいです。まぁ、そこまでお酒が好きというわけでもないようですけどね。

M:優輝選手のプライベートは「一人カラオケ」に行くという噂も聞きました。かなり高いキーの高い曲を歌うとか。

鮮輝:
X JAPANとかですね。あとはアニメソングとか。テンションが高い曲が多いようです。

鴻輝:
頻繁ではないですけど一人で6時間とか。

母:
時間があまりとれないですから、やるならとことんという感じですかね。

鴻輝:
「カラオケ店に行くとツイッターとかに書き込まれる」とか気にしているみたいで、メガネして帽子かぶって行っているみたいですね。

母:
最近は年に一回あるかどうかって感じですかね。

M:恋愛事情は。

川内家:
全くない!

鴻輝:
今は仕事とマラソンにどっぷりで、恋愛に興味がない感じですね。

鮮輝:
きっと、走ることを中心とした生活で充実していると思います。恋愛は必要ないと思っているかもしれませんね。

―ロンドン世界陸上の後は・・・


M:ロンドン世界陸上後の話もしたりしますか。

母:
生涯現役でしょうね。

鴻輝:
どのレベルを目指すかということは変わってくると思います。日本代表を目指すのではなく、ワールドマラソンメジャーズなどを目指すのかもしれません。

日本代表じゃなくても、常に2時間10分切りというのはこだわっていくと思います。兄は日本代表というものに、すごくプライドを持っていて、日本代表になった以上は絶対にいい結果を出さなきゃいけなないと強く思っています。

それを考えると、今後のドーハ世界陸上や東京五輪では代表になっちゃいけないと思っています。今回の世界陸上日本代表に決まったときに、おめでとうと伝えたら「全然、おめでとうじゃないよ。結果を出すまでが勝負だよ。ロンドン世界陸上で結果を出したらおめでとうだよ。」と言われました。

M:今回のロンドン世界陸上に相当な決意を持っているようですが。

鴻輝:
個人的にはそういう風に思いつめすぎているときには力を発揮できていないことが多いような気がするので、直前に何かトラブルがあった方がいいかなと(笑)そうすれば吹っ切れるので。

順調にトレーニングがつめたときに限って、レース当日、暑かったなんてこともあるかもしれないですし…。

結果を出さなきゃいけないという状況よりも、何かトラブルがあって、吹っ切れているときの方がいいパフォーマンスができるかなと。

母:
当日走ってみないと何が起こるか分からないから、何とも言えないですよね。

鮮輝:
兄もそろそろ殻を破りたいと思っていると思います。これまで、いい状況できて、その中で結果が出せないということに対して納得できていないと思います。

だからこそ、ロンドン世界陸上ではばっちり流れも作っていって、レースでも納得できる結果を出すということをテーマに持っていると思います。家族としても、もちろんいい流れの中で結果を出してほしいという気持ちです。

―家族のつながり


M:今後の川内家の皆さんの目標を教えて下さい。

鴻輝:
自分で起業しまして、久喜市を中心に活動していきます。久喜市をランニングの聖地にして、ランニングを通じて久喜市に貢献していきたいと思います。

兄は最初、起業することに反対したのですが、今はアドバイスをしてくれます。

鮮輝:
私は今年度からウルトラマラソンを中心にプロランナーとして活動しています。今年度は貧血などもあって、思うように取り組むことができなかったので、来年度はウルトラマラソンを4本走ろうと思います。

兄のサポートもしながら、練習パートナーにもなれたらと思っています。仕事を辞めて、走ることに専念させてもらえる家族には感謝しています。

環境がすごく恵まれています。やるしかないという気持ちですね。やるからにはウルトラマラソンの日本代表にはなりたいです。日本代表を目指していく過程で兄にもいい影響や、役に立てたらと思っています。

M:兄弟で走り回ることって子供の頃はあると思いますが、大人になっても走り回るとは・・・。しかも走り回る距離が長い。「一緒に50kmジョッグに行こう」っていう兄弟、他にいないですよね(笑)。

母:
それぞれがこの後どうなっていくか全く予想がつきません。みんなが若いときにしかやれないことがあると言いますから、自分のやりたいことをやるだけやって、悔いのないようにやってほしいと思います。

鴻輝:
それぞれ頑張っているとも言えますが、家庭崩壊しているのかもしれません(笑)。誰かしらレースに行っていて全員が揃うことってほとんどありませんからね。

M:走りを通じて、家族がつながっているということですね。今回はありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・

1レース走れば様々なメディアで川内優輝選手の一挙手一投足が取り上げられる。日本代表の重みや責任を誰よりも感じているからこそ、今年のロンドン五輪が日本代表としての最後のレースと公言しているのであろう。

何かしら不安要素があった方が良いパフォーマンスができているという、これまでの傾向はあるかもしれない。しかし集大成というからには、万全な状態で臨んで最高のパフォーマンスを出してほしいと強く思う。

家族はきっと優輝選手が万全でも不安要素があっても、優輝選手を信じて応援する。

逆境に強いということ、今でも成長しているということを考えると、これから暑さに対しての苦手意識がなくなるということだってあるかもしれない。

常識を覆す。人は変わろうと思えば変われる。その後、何か起こるかもしれないという期待を持たずにはいられない。

まずは、この夏、ロンドン世界陸上での川内優輝選手の活躍に大いに期待したいです。

今年のかすみがうらマラソン(2017年4月16日開催)の「かすマラ大学」ではM高史さんと川内美加さん・鮮輝さん・鴻輝さんが講師を務めています。