中国では反日感情が根強く存在しており、日本製品を購入することに抵抗があるという中国人は少なくない。だが、日系車は非常に高く評価されており、中国車との圧倒的な競争力の差は反日感情を抱く中国人も認めざるを得ないようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では反日感情が根強く存在しており、日本製品を購入することに抵抗があるという中国人は少なくない。だが、日系車は非常に高く評価されており、中国車との圧倒的な競争力の差は反日感情を抱く中国人も認めざるを得ないようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国の自動車産業は日本よりも50年遅れている」と主張、これだけの差があるとわかっていても日系車を買わずに、中国車を買うのかと問いかける記事を掲載、中国人ネットユーザーたちが議論を交わしている。

 中国人ネットユーザーの多くは、「中国の自動車産業は日本よりも50年遅れている」という主張に対して、「大げさ」、または、「せめて20年ほどだ」と反論したものの、「中国の自動車産業が日本より圧倒的に遅れている」という点については同意する意見が多く見られた。中国車には日本のメーカーの部品が多く使用されていることから、「日本メーカーがいなければ中国の自動車産業はさらに50年遅れていただろう」という意見や、技術面や仕事への責任感の面では「50年どころか100年かけても日本に追いつけない」という意見も見られた。

 また、あるネットユーザーは、中国の工場ではいい加減な仕事をする人が多く、このままではどれだけ優れた技術を開発しても追いつくことはできず、苦労して働いたお金を「いい加減につくった」中国車にかけるのはもったいないとの本音を漏らしている。

 寄せられたコメントを見ると、全体的には、多くの中国人が中国車の現状を冷静に見ていることが感じられる。「中国車は見た目だけは格好良いが、肝心の車体そのものやエンジンのレベルは低い」などの意見が大半を占めていた。経済的にゆとりがなければ中国車、そうでなければできれば日系車のほうが良いというのが一般的な考え方のようだ。

 これまでよく言われてきた「日系車と中国車がぶつかると日系車のほうがつぶれる」との主張に対しても多くの反対意見が寄せられ、なかには「日系車を運転していた友人が国産車とぶつかったが、相手側が骨折した」など体験をもとにしたコメントも見受けられた。「100年」もかかるかどうかは別として、中国車がデザインだけでなくエンジンなどの技術でも日本に追いつき、中国の消費者に認められるまでにはまだまだ時間がかかるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)