トマホーク (U.S. Navy photo)

写真拡大

米国は、北朝鮮が核実験を行った場合に先制攻撃を行う準備を進めていると米NBCが報じた。

米情報当局の関係者はNBCに対し、米軍が、北朝鮮の核実験場から300マイル(約482キロ)の地点にトマホークを発射する能力のある駆逐艦2隻を配備し、必要あらば北朝鮮を攻撃できる重爆撃機もグアムに配備したと述べた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の北朝鮮分析サイト「38ノース」が、咸鏡北道(ハムギョンブクト)吉州(キルチュ)郡豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の衛星写真を分析した結果、北側の坑道の入口のすぐそばに小型の車両があり、過去10日の間に坑道から流れ出る水の量が減ったことを指摘している。

水の量が減ったのは、核実験に向け坑道の密閉作業が進んだことを示している可能性がある。