写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリックスと同グループ会社である弥生は、会計ビッグデータを活用した「オンラインレンディング」の事業立ち上げを決定したと発表した。

この事業は、オリックスが持つ与信ノウハウ、弥生が持つ会計ビッグデータと、協業先であるd.a.t.のAI技術を活用した新たな与信モデルを開発し、インターネットを通じて小規模事業者向けの融資を行うもの。

事業立ち上げにあたり、弥生は事業の運営会社である「ALT株式会社」(代表取締役社長:岡本 浩一郎氏、資本金:5,000万円)を2017年2月に設立し、千葉銀行、福岡銀行、山口フィナンシャルグループ、横浜銀行と業務提携契約を締結し、金融機関における与信モデルの活用も視野に入れている。

まずは、2017年10月を目処に弥生のオンライン・サービスを契約中の約60万社を対象に試験的融資を開始する。今回の与信モデルでは主として日々の仕訳データなどの動的データを活用することにより、精度の高い与信を行うという。

(丸山篤)