【詳細】他の写真はこちら

毎週月曜25時より、ニッポン放送をはじめ全国36局ネットで絶賛放送中のラジオ番組「星野 源のオールナイトニッポン」。音楽家、俳優、文筆家と様々な分野で活躍する星野 源だが、ラジオという場ではエロネタをはじめ、無軌道な星野節を炸裂させている。


4月8日放送の『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)に出演し、司会を務める香取慎吾と息の合った様子を見せた星野。そんな同番組内では「SUN」を聴いた香取から「また歌って踊りたくなった」との言葉が。これを受けて星野は……


「ホントに鳥肌が止まらなくてですね。“歌って踊りたくなった”って言うということは、歌いたい、踊りたいと思えなくなっていた時期があったということだと思うので。


そういう方をですね、歌いたいとか、踊りたいっていう風に思ってもらえるようになってもらえたっていうのは、すごくうれしいことで」


と話し、そして星野自身も病気後しばらくの間、音楽が聴けなくなった時期があったことを告白。


「療養期間中に、手術終わって家でひとりでずっと生活していたときに音楽が聴けなくなっちゃって。そのなかで夜中に散歩してて、たまたまiPodでシャッフルでかけて聴いた1曲目がプリンスの『I Wanna Be Your Lover』って曲だったんです。それを聴いたときにすごく楽しくなって、目の前が、真夜中だったんですけどキラキラと輝き出して」



Prince - I Wanna Be Your Lover (Official Video) 投稿者 Prince-Official


そのときの想いをきっかけに作ったのが「SUN」だったという。


「それでまあずっと好きだったR&Bとかソウルミュージックっていうものを、それまで自分の音楽ではしっかりど真ん中で表現してはいなかったんですけど、やりたいと。


この音楽すごくやりたい、自分なりのソウルミュージックっていうものをやってみたい、ディスコティックなミュージックをやってみたいって思って、最初に作った曲が『桜の森』という曲で、その後に作った曲が『SUN』って曲だったんです。


なので、僕はプリンスのおかげでまた音楽をやろう、音楽を聴きたい、音楽を作りたいって思うようになれて、そういうふうにして生まれた曲『SUN』が、また香取慎吾さんをそういう気持ちにしてくれたというのはホントにうれしくて」(星野)


星野が「SUN」に込めた再び音楽をやりたいという想いは、香取さんにまで伝わっているようだ……。


本番組では、楽曲制作のエピソードからお気に入りのゲームやAV女優なども話し、不定期ながら弾き語りも。エロネタも音楽話も分け隔てなく熱を込めて深夜電波に乗せる「星野 源のオールナイトニッポン」。聴き逃すべからず!


 


ネットでラジオが聴ける「radiko」の新機能『タイムフリー聴取機能』を使えば、本放送から1週間以内は後から番組を聴取可能。今回の放送はこちらから。

http://radiko.jp/share/?t=20170412010000&sid=LFR