北朝鮮が大規模な閲兵式を準備している動向が韓国情報当局にとらえられた=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年(太陽節、15日)に合わせ、大規模な軍事パレード(閲兵式)を準備している動向が韓国情報当局にとらえられたことが14日、分かった。

 韓国政府当局者は「北が閲兵式のため、平壌市内を統制したとの情報がある」として、「閲兵式のため、(平壌郊外の)美林飛行場に集めた各種の兵器や装備を平壌市内に移動させるための準備である可能性があり、注目している」と明らかにした。
 別の軍関係者は「閲兵式準備が最終段階に入っている」と伝えた。
 北朝鮮は太陽節や朝鮮人民軍創建記念日(4月25)、朝鮮労働党創建記念日(10月10日)などに合わせ、閲兵式を行っている。大規模な軍事パレードを実施し、内外に政権の健在ぶりを示すとともに内部結束を図るのが狙いだ。
 韓国軍当局は北朝鮮の今回の閲兵式が過去最大規模になる可能性もあるとみている。新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)など戦略兵器を公開し、武力示威を行う可能性にも注目している。
 北朝鮮は2012年、金主席生誕100年に合わせて行った閲兵式で、ICBMの「KN08」を初めて公開した。
 現在、平壌には今月10日に北朝鮮入りした外国メディアの報道陣が滞在しており、報道陣にも閲兵式を公開するとみられる。
kimchiboxs@yna.co.kr