画像

写真拡大 (全2枚)

 キリンビバレッジバリューベンダーとLINEによる自動販売機コミュニケーションサービス「Tappiness」が、首都圏と近畿圏で4月13日より開始された。

 キリンビバレッジバリューベンダーとLINEは、自動販売機にビーコン端末を接続し、コミュニケーションアプリ「LINE」およびその関連機能を活用することで実現した、自動販売機コミュニケーションサービス「Tappiness(タピネス)」を4月13日(木)より首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)・近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県)で開始した。

 17年夏以降は、首都圏・近畿圏以外の全国主要都市部でも順次展開し、サービス開始から1年で20,000台の対応を見込んでいる。

 同サービスは、「LINE」と自動販売機がビーコン経由でつながることで、購入ごとに1ドリンクポイントが付与され、15ドリンクポイントがたまると自動販売機で好きな飲料と無料で交換可能な特典チケットが付与される。付与された特典チケットは、「LINE」の「友だち」へプレゼントすることも可能になっている。

 また、「LINE」上で展開するスマホのおサイフサービス「LINE Pay」による決済も可能になっている。

MarkeZine編集部[著]