2000組限定!! 初開催の「スタバフェス」に潜入してみたよ! とっても心地よい空間&スタバ店員の神対応に感動です

写真拡大


世界的コーヒーチェーン店「スターバックスコーヒー」(※以下スタバ)。

シーズンごとにシャレオツなドリンクを発売し、世の男女をメロメロにしているスタバが、このたび初めてのフェスを開催! その名も……

「STARBUCKS SUMMER FESTIVAL 2017 “DOME SURPRISE” 」

わお、全部英語! それはさておき、まだ春なのにサマーフェス(!)なんてつけるあたり、先取りしたオシャレっぽさを感じちゃいます。

フェスでは、新作フラペチーノが飲めたり、ライブがあったり、映画の上映があったり、気球に乗れたり、ワークショップが体験できたりと盛りだくさん! しかも入場無料!! ただし参加できたのは、抽選で選ばれたスタバ会員2000組4000名限定です。

今回、取材で参加することができたので、印象的だったことを3つご紹介します!

【その1 やっぱりオシャレだった】

フェスが開催されたのは、今なにかと話題の豊洲です。

会場に到着すると、白色のドーム型のテントが並び、生バンドが会場を歩きながら演奏。さすがスタバ。めっちゃオシャレです!!  とてもさわやかで気持ちの良い空間になっていました。

ちなみに、フェスは昼の13時から夜の21時まで開催。昼はさわやかに、そして夜は照明が輝き大人っぽく落ち着いた雰囲気へと変化していました。

【その2 スタバを堪能できるワークショップがドーン!】

会場では、スタバクイズや、カバンにペイントできる「シルクスクリーン体験」、アイスコーヒーに好きなフルーツを入れて楽しむ「コーヒーカクテル体験」、京都から持ってきた風呂敷でマイスリーブ(HOTドリンクのカップに巻いてある厚紙)を作る体験など、スタバの魅力を堪能できるワークショップが大集合。

作ったものは、お土産にもなるオシャレなものばかり。でも混んでて全然できないのでは……と思っていたのですが、今回のフェスは人数制限があったせいか、混雑はほとんどなし。むしろ、ゆとりをもって色々体験できてよかったです。

【その3 スタバ店員の対応力にあっぱれ】

フェスも映画も新作試飲もよかったのですが、個人的にもっとも感動したのはスタバ店員さんの対応。

なりたいバイトランキングで1位をとるほど人気のスタバ店員さんが、あちこちにいるのは結構な迫力。なんでも首都圏を中心に全国からスタッフが集結したそうです。

新店舗オープンやフェスイベントでは、なにかとトラブルがあり、スタッフさんがピリついてしまうこともあるはず。今回のフェスでも、メインの気球が強風で中止になったり、前日の雨でぬかるんだ地面に板を敷いたりと、慣れない環境で大変そう……。

しかし! 長時間の対応でも、疲れを一切見せず、臨機応変に対応するスタバ店員さんの笑顔とプロ魂に感動!! スタバもすきだけど、スタバ店員さんがもっと好きになったよ。

【またやってほしい! けど…】

今回実際に参加して、またやってほしい! と強く思いました。

しかし、気になったのは夜の会場の雰囲気。夜は、照明のおかげでムーディーな雰囲気だったのですが、音楽などは特に流れておらず、フェスにしてはちょっとさみしい。正直、終わりに向かって徐々に尻つぼみ感があった気が……。もし次回の開催があるなら、夜の会場をもっと盛り上げてほしいです!

だけど、本当にスタバらしく心地よいフェスだったのは間違いなし。年に1度はやってほしいっ。フェスの雰囲気がざっくりわかる動画もあるのでぜひご覧ください★

参考リンク:スターバックス
撮影・執筆:百村モモ (c)Pouch

この記事の動画を見る