グレイス&フランキー

写真拡大

1980年の映画『9時から5時まで』で共演したベテラン女優のジェーン・フォンダとリリー・トムリンが出演するNetflixのオリジナルドラマ『グレイス&フランキー』のシーズン4製作が決定した。米Varietyが報じている。

今作はグレイス(ジェーン)とフランキー(リリー)が長年連れ添った最愛の夫たちから、実は何十年も前から恋人関係にあったことを突然告げられ、裏切られた妻同士、共同生活をしながら新たな人生を歩んでいくというコメディ。夫役には『ザ・ホワイトハウス』のマーティン・シーン、『LAW & ORDER ロー&オーダー』でお馴染みのサム・ウォーターストン。ベテラン俳優4人の夢の共演であることはもちろんだが、熟年離婚しかも夫同士が恋人だったという設定も斬新で、高い評価を得ているシリーズだ。

この度更新が決定したシーズン4には『フレンズ』のフィービー・ブッフェことリサ・クドローのゲスト出演も報じられており、リサはグレイスのネイリストを長年担当しているシェリーという女性を演じる予定。今作で製作総指揮を務めるマルタ・カウフマンは『フレンズ』でもシーズン1から脚本・企画・製作総指揮として携わっていた人物として知られている。

Netflixオリジナルシリーズ『グレイス&フランキー』シーズン3はNetflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)