iPhone 8には2種類のプロトタイプがある、との噂が流れています。

Touch IDが異なる、2つのiPhone 8試作機

ウェブサイト『iDrop News』によると、Appleは2つのiPhone 8の試作機を現在もテストしています。

1つは画面にTouch IDセンサーが内蔵されたもの。もう1つはTouch IDセンサーを背面に搭載したものです。

どちらのiPhone 8も最近の噂で言及されています。本命は画面にTouch IDセンサーを内蔵したiPhone 8のようですが、技術的な問題に直面しているともいわれています。
iPhone 8にデザイン見直しの可能性

iPhone 8は見えないFaceTimeカメラ・新しい電源ボタンを搭載?

今回の噂は、これまで言及されていなかったiPhone 8の特徴も明らかにしています。

画面を囲む縁は幅が4ミリに抑えられるそうです。これによって『iPhone 7』と同サイズながら画面を大型化できると考えられます。

iPhoneの前面に搭載されるFaceTimeカメラは画面に埋め込まれた形になり、そこにカメラがあることは分からないようになるそうです。これも画面の大型化のためでしょうか。

さらに電源(ロック)ボタンも大型化。2つの接点(ボタン?)を持つとしており、iPhoneのロック・電源をコントロールするだけでなく、何らかの新機能が追加されるのかもしれません。詳細は不明だそうです。

iDrop Newsは、iPhone 8の最終型プロトタイプはTouch IDを背面に搭載した形だと報じていました。これを裏付けるような図面も登場しています。
→ iPhone 8の図面が流出、Touch IDは◯◯に搭載

しかし今回は、Touch IDを画面に内蔵したiPhone 8が製品化される可能性が高いと報じています。設計や方針が変更されたのでしょうか。

参考

Apple Tests iPhone 8 Prototype with Touch ID Under Display, 4mm Bezels All Around - iDrop News