『SHERLOCK/シャーロック』

写真拡大

英BBCの人気シリーズ『SHERLOCK/シャーロック』を手がけたクリエイターコンビ、スティーヴン・モファットとマーク・ゲイティス(マイクロフト・ホームズ役として出演)が、同局の新番組の製作に取り組んでいることがわかった。英Digital Spyが報じた。

モファットは英Radio Timesに対し、『SHERLOCK』以外の作品で再びゲイティスとタッグを組んでいることを明かした。「やりたいアイディアがすでにいくつかあるんだ。特に、『ドクター・フー』や『SHERLOCK』をやる前のBBCに一つ本当に面白かった脚本があって、書き直しは必要だけど今でもあれをやりたいと思っているんだ。僕とマークはTVシリーズを企画することなしに会話はできないし、僕らはやっぱり一緒にTVシリーズを作りたいんだと気付いたんだ」

モファットはさらに続けて、「それから、舞台の脚本も書いてみたいね。(TVとは)全く違うものだから。僕の熱意は新しく何かを始める時に生まれるんだよ。僕は自分のハイライトを通して自分が生きてきた証を見つけることができた。『ドクター・フー』と『SHERLOCK』を同時にやってトップに立つ人間になるつもりはない。そういった地位が必要だとは思わないんだ」と、新しいことに挑戦する情熱を語った。

モファットはシーズン1から脚本や製作総指揮として携わってきた『ドクター・フー』を、現在放送中のシーズン10をもって降板することが既に伝えられている。後釜に収まるのはクリス・チブナル(『ブロードチャーチ 〜殺意の町〜』)だが、モファットは彼が後任を務めることについて、「とても楽しみだ」と期待を寄せている。

『ドクター・フー』を離れるモファットだが、打ち切りの噂も絶えない『SHERLOCK』からは降板することはないと意思を表明している。(海外ドラマNAVI)