写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」の授賞式が13日、東京・新宿のテアトル新宿で行われ、主演男優賞を受賞した菅田将暉、新進女優賞を受賞した上白石萌音、間宮夕貴らが出席した。

1992年に創立された同アワードは、映画関係者30人で構成される選考委員の投票と実行委員会の独自の評価で決定する映画賞。26回目を迎える今年は、作品賞とベストテン第1位に選ばれた『ディストラクション・ベイビーズ』の上映会前に授賞式が執り行われ、各部門を受賞した俳優陣や映画監督ら映画関係者が登壇した。

新進女優賞を受賞したのは、『溺れるナイフ』と『ちはやふる』に出演した上白石萌音。「この度はこのような栄えある賞をいただきまして本当にありがとうございます。『溺れるナイフ』と『ちはやふる』は奇しくも同じカナちゃんで、これも何かのご縁だと感じています」と感激もひとしおで「"新進"という言葉に恥じないようにこれからも誠実にお芝居をしていきたいと思います」と更なる活躍に意欲。続けて「お芝居が好きな気持ちや向き合い方は、初心を忘れずに変わりたくないんですが、出会う役によって自分のやり方が全く違ってきますし、出会った役に学ぶことが多いです。私の中では毎回違う自分でいたいという思いがあります」と作品に対するスタンスを明かした。

主演男優賞には、『セトウツミ』、『溺れるナイフ』で主演を果たした菅田将暉が受賞。意外にも、彼にとって主演男優賞は同アワードが初めてとなる。「初めて主演男優賞をいただいた作品が、『溺れるナイフ』の金髪の高校生と、『セトウツミ』という黒髪という両極端の高校生で、もう高校生をできなくなってきた僕ですが、今のうちに学生服を着てこの賞をいただけて本当にうれしいです」と喜んだ。初めての主演男優賞は「別格に重いといいますか、単純に数で言うと助演の方が難しさはありますが、真ん中にいてお客さんの前に立てるのはすごいことですし、有り難いことです。驚きの喜びですね」と語る菅田を、プレゼンターとして登場した『セトウツミ』の大森立嗣監督は「とにかく勘がいいですね。僕が言う前に自分で修正する能力があるし、主演男優賞にピッタリだと思います」と褒め称えていた。

○第26回日本映画プロフェッショナル大賞 ベストテン作品&個人賞

ベストテン
・1位『ディストラクション・ベイビーズ』
・2位『淵に立つ』
・3位『リップヴァンウィンクルの花嫁』
・4位『SHARING』
・5位『FAKE』
・6位『オーバー・フェンス』
・7位『ヒメアノ〜ル』
・8位『永い言い訳』
・9位『団地』
・10位『セトウツミ』

個人賞
・作品賞:『ディストラクション・ベイビーズ』(監督:真利子哲也)
・主演女優賞:黒木華(『リップヴァンウィンクルの花嫁』)
・主演男優賞:菅田将暉(『セトウツミ』、『溺れるナイフ』)
・監督賞:森達也(『FAKE』)
・新人監督賞:小路紘史(『ケンとカズ』)
・新進女優賞:上白石萌音(『溺れるナイフ』、『ちはやふる-上の句-』、『ちはやふる-下の句-』)
・新進女優賞:間宮夕貴(『風に濡れた女』)
・特別賞:佐野和宏(『バット・オンリー・ラヴ』)
・特別功労賞:故 荒戸源次郎(長年の功労に対して)