映画『ファンタスティック・ビースト』続編が18年に公開へ - グリンデルバルド役にジョニー・デップ

写真拡大

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編制作が決定。日本では2018年に全国で公開される。

ニュート・スキャマンダー vs 闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルド

映画『ハリー・ポッター』の新シリーズとして制作・公開され、世界中で約900億円の興行収入という大ヒットを記録した映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。その続編となる本作では、カリスマ的な力を持つ闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドによって魔法界に闇が広がっていた時代に、エディ・レッドメイン演じる主人公ニュート・スキャマンダーとその仲間たちが自分たちの信念でグリンデルバルドに立ち向かっていく物語が描かれる。

ジュード・ロウが若き日のダンブルドア役に

ハリー・ポッターたちが魔法を学んだホグワーツ魔法学校の校長アルバス・ダンブルドアは、J・K・ローリングの「ハリー・ポッター」シリーズで最も愛されるキャラクターの一人。本作に登場する若き日のダンブルドア役を演じるのは、英国が誇る俳優ジュード・ロウだ。

ダンブルドアが魔法学校の校長として魔法使いの象徴のような存在になるより何十年も前、変身術の魔法の先生として魔法学校で教鞭を取っていた時代のダンブルドアが描かれる。

ゲラート・グリンデルバルド役にジョニー・デップ

マグルやノー・マジ(魔法が使えない普通の人間)よりも魔法使いの方が優れているという思想を持った闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルド役を演じるのは、ジョニー・デップ。シリーズ1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のラストでその姿を見せている彼は、本作から本格的に物語に関わってくる事になりそうだ。

脚本はハリポタシリーズの生みの親、J・K・ローリング

脚本は、1作目に続いてハリポタシリーズの生みの親、J・K・ローリングが執筆。同氏は以前自身のTwitterで、「シリーズの物語は1926年に始まり、1945年に終わる。一本の映画に収めるには長すぎるのよ」とコメントしているが、全5部作の制作が発表されている本作でどこまでの物語が描かれるのかは未だ不明だ。

また監督も、前作に引き続き『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品を手がけたデイビッド・イェーツが務める。

作品情報

映画『ファンタスティック・ビースト』続編
公開時期:2018年夏
監督:デイビッド・イェーツ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作・脚本:J.K.ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウほか


[写真付きで読む]映画『ファンタスティック・ビースト』続編が18年に公開へ - グリンデルバルド役にジョニー・デップ

外部サイト

  • 「マーベル展」六本木ヒルズで開催 - アベンジャーズやスパイダーマンの衣装、小道具など200点が集結
  • 映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』マイケル・キートン主演、マクドナルド誕生の裏側
  • 映画『トゥームレイダー』主演アリシア・ヴィキャンデルで再始動 - 失踪した父の真相を追う