カミーラ・ラディントン

写真拡大

大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)でシーズン9からジョセフィン・"ジョー"・ウィルソン役で出演しているカミーラ・ラディントンが、第一子となる女児を出産したことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

今月12日(水)、カミーラは自身のInstagramに、恋人で俳優のマシュー・アラン(『ゴースト 〜天国からのささやき』)と一緒に赤ちゃんをあやしている白黒動画を投稿。「人生に新たな素晴らしい愛を手に入れました。私たちの愛しい娘...ヘイデン」と、コメントを添えて娘の誕生を報告。愛しいまなざしで赤ちゃんを見つめるカミーラは、すでに良きママぶりを発揮している様子。また、娘の名前"Hayden"のイニシャルである"H"のチャームが付いたゴールドのブレスレットを身に着けている画像もアップし、第一子の誕生に喜びを隠せないようだ。

そして、1月に開催されたピープル・チョイス・アワードに出席してインタビューに応じた彼女は、母親になることについて次のように語っている。「『グレイズ・アナトミー』の撮影セットで、ママになった共演者から色々話は聞いているわ。子育ての大変さや楽しさ、喜びを自分で経験することにワクワクしているの」とコメントし、共演者から子育てについてアドバイスを貰っていたことを明かしている。

新米ママのカミーラが出演する『グレアナ』シーズン13は、4月5日(水)よりWOWOWで放送スタート。カミーラ、第一子の誕生おめでとう!(海外ドラマNAVI)