アラジン グラファイトグリラー

写真拡大

 日本エー・アイ・シーは、「アラジン」ブランドから、「遠赤グラファイト」を搭載した家庭用グリル調理器「アラジン グラファイトグリラー(CAG-G13A)」を4月17日に発売する。税別価格は3万2000円。

 アラジンブランドの暖房機ですでに展開している、千石の特許技術「遠赤グラファイト」を搭載し、食卓の上で、焼き鳥や焼き魚、焼きおにぎりなど、さまざまな調理ができる。わずか0.2秒の瞬間発熱で予熱の必要がなく、短時間・高温輻射で食材の旨味を逃がさない。

 食材に合わせて自在に火力の調整ができ、熱源を上部に、焼き網の下に水トレイを配置した独自の構造なので、付属の「ヘルシーネット」を使うと「煙」や「ニオイ」を気にせず、余分な「油」を落としてカロリーカットできる。市販のスキレットなどを使うことで、焼き物以外のメニューも可能。より早くジューシーな焼き・炙り料理ができる「クイックプレート」も付属する。カラーは、アラジングリーン。

 発売にあわせ、料理研究家の寺田真二郎氏による「アラジン グラファイトグリラー」を使った「2種類のスティック肉巻きおにぎり」と「とろーりチーズの具沢山トルティーヤ」のレシピをWebサイトで公開する。