ダイエット中で低カロリー食を意識していたり、忙しいしビタミン不足だから「主食+野菜」の食事になりがちな人はタンパク質不足かもしれません。実は誰でも陥りやすいタンパク質不足をプロテインで補う方法もあるんです。あの有名トレーニングジムがプロデュースし、飲みやすく改良されたプロテインドリンクについてご紹介します。

老若男女に大切な栄養素がタンパク質

タンパク質が体を作るもの、というのはなんとなくわかっている人も多いでしょう。でも「筋肉を作る」イメージが強いせいか、女性にはあまり必要ではないと勘違いされることもある栄養素でもあります。実はタンパク質は筋肉だけではなく、皮膚や髪の毛、爪、内臓を作るためにも必須で、ホルモンや神経を正常に働かせるのにも必要なのです。

タンパク質が足りなくなるとコラーゲンも減って、肌の老化や肌荒れが起こりやすくなり、髪がバサバサになったりハリやコシが無くなる、爪が割れやすくなる、基礎代謝が低下して太りやすくなるといった影響が出てきます。神経伝達物質の低下により、集中力や思考力が低下してぼーっとしやすい、ミスが多くなるといった悪影響が起こる可能性もあります。

プロテインは筋肉増強だけのアイテムじゃない

プロテインというと、筋トレのお供・筋肉増強のアイテムというイメージがあるかもしれません。確かに筋肉を増やしたい時、筋肉を大きくしたい時にはトレーニングとプロテインを勧められることがほとんどです。なぜかというと、プロテインから摂れるタンパク質が食事から摂るタンパク質よりも良質で、吸収が早いから。

でもプロテインはタンパク質を多く含む食品であって、薬ではありません。プロテインを飲んだから筋肉がモリモリになるわけでもないのです。むしろ、食事からタンパク質を摂りにくい食生活の人や高齢者にはプロテインを摂る習慣が推奨されているほど、タンパク質を摂るにはプロテインが手っ取り早いというわけです。ただし、吸収が早くて消化不良を起こすこともあるため、プロテインの種類や摂取量には気をつけなくてはなりません。

ライザップがコラボしたプロテインドリンクを飲んでみた

一般的なプロテインは粉を水や牛乳に溶かして飲むので、粉っぽさが残ったり味も美味しいとはいえないものが多いのですが、プロテインドリンクは粉っぽさが無くかなり飲みやすくなっています。今回、トレーニングジムのライザップと飲料メーカーのキリンがコラボした「ライザップ プロテインボトル」が話題になっているので飲んでみました! 吸収しやすい、牛乳由来のホエイプロテインを5000mg配合、ライザップらしい低糖質で、タンパク質不足を補うのにちょうどよいくらいの量。

これ1本では1日に必要なタンパク質の量を補うことができないので、残りは食事からきちんと摂取することができます。味は、思ったよりもサラッとしていて、ピーチヨーグルト味の健康飲料といった感じで美味しく飲めました。プロテインと言われなければわからないです。ブドウ糖が含まれているので、運動前・運動中・運動後のどのタイミングで飲んでも、エネルギーチャージとタンパク質を補ってくれるのでおすすめです。

というのも、プロテインはやはり運動をしてこそ摂取する意味が高まります。このプロテインドリンクを飲んで一駅分歩くとか、エスカレーターやエレベータは使わないとか、簡単なエクササイズをちょこちょこ取り入れるなど、運動習慣のきっかけにするのが賢い使い方です。


キリン ライザップ プロテインボトル

writer:しゃけごはん