ソニーは、ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」始めとする「Life Space UX」(ライフスペースユーエックス)の商品をインテリアと合わせて展示・販売するライフスタイル提案型インテリアショップ「Life Space Collection 表参道」を開設する。期間は2017年4月15日(土)〜6月30日(金)までの2か月半。

「Life Space Collection 表参道」では、リビングやキッチンといった家のさまざまな場所や、料理やアウトドアなどのユーザーの趣味に合わせて、ポータブル超短焦点プロジェクターを使用した16のシーンを提案。空間設計や商品の販売はライフスタイルショップ リビング・モティーフなどを運営するアクシスが行い、家具なども含む提案シーンの商品はご購入いただくことが可能だ。

このほか、本年1月に米国で開催された家電見本市CES 2017で参考展示したLife Space UXコンセプトモデル「新4Kプロジェクター -It's all here-」を、4月15日(土)〜4月21日(金)の期間、国内で初めて参考展示を行う。本商品は、壁際に置くだけで大画面を居住空間に作り出し、従来のプロジェクターのようにコンテンツを視聴できるだけでなく、-It's all here(すべてがここにある)-のコンセプトのもと、壁に映し出された膨大な量の音楽のジャケット写真の中から、興味をひく楽曲を見つけ出して試聴するなど、コンテンツとの新しい出会いを体験できる。

ユーザーができる限りスムーズに、さまざまなコンテンツと出会えるようにしたいという想いから、書店やレコード店を“散策”するような感覚で手軽に、自然に操作できる仕組みを検討しているとのことだ。

■Life Space UX

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド
・パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
・コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
・「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
・サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売