合コン敗戦確実!?男がゲンナリする「初対面でのひとこと」

写真拡大



飲み会や合コンなど、初対面の印象はその後、恋愛に展開していくかどうかを左右する重要ポイント。気合いを入れて服を選び、メイクをする女性も多いでしょう。とはいえ、どんなに頑張ったメイクや服選びも、たったひとつの会話で男性を萎えさせてしまう可能性があります。ここでは、男性が初対面の女性に言われてゲンナリしてしまう言動を聞いてみました。

■■「私、何歳に見える?」という逆質問

「合コンで“何歳?”って聞いたら“いくつに見えるぅ?”って聞いてくる子。自己愛強そうな面倒な子だなって思う。正直答えにくいし、上の年齢を言っちゃったら悪いなって思うから普通に答えてほしい」(20代/商社)

実際に若い年齢であったり、若く見えたりすると自信を持っている人ほど聞きたくなる逆質問。コミュニケーションやちょっとした冗談のつもりでやっている人が多いですが、初対面の人に聞くのは酷な話。相手からしたら面倒くさい問いかけ以外のなにものでもないので、聞かれたら普通に年齢を答えましょう。

■■「どこに勤めてるの?」「年収は?」という探り

「お互いのことを知らないうちに会社名とか年収とかをズケズケ聞かれるとイラッとする。身長も高くないから聞かれると嫌。査定されている気持ちになるからやめてほしい」(20代/IT)

お互いの共通の話題を探そうとして、つい仕事の話を始める女性は多いはず。とはいえ「なんていう会社に勤めているの?」「お給料はどれくらい?」なんていう質問は、男性には探られているような気持ちになります。共通の話題を探すのであれば、自分の仕事の説明をしたうえで、業種や、どんな仕事をしているのか程度を聞くぐらいにしておきましょう。

■■「スマホ見たら元カノと連絡とっててさぁ」元彼の愚痴

「過去の恋愛話を長々とする子。正直興味ないし、どうでもいい。恋愛経験を自慢する子もちょっと引く。よっぽど面白い話じゃないかぎり元彼の話を聞きたいとは思わない」(20代/学生)

過去のモテ自慢や元彼の愚痴を延々と聞かされるのは、拷問以外の何物でもありません。自分は楽しい気持ちで話しているかもしれませんが、人によっては不快に感じる人も。面白い鉄板ネタがあるならいいですが、そうでないなら避けたほうが無難。好きなタイプや、こんなデートがしたいなどといったテーマに留めましょう。

■■「○○ちゃんて子が彼氏に浮気されて…」面識のない友達の話

「女の子にありがちなのが、自分の友達の恋愛話をめっちゃする子。その子と会ったことないし知らねーよってなる。(笑) 女の子同士で盛り上がる内輪ネタはやめてほしい」(20代/広告)

場が盛り上がらないからといって、身内ネタで盛り上がるのは絶対にNG。男性陣は相手のことを知りません。気づくとつい女子トークに花を咲かせてしまいがちですが、そこは場の空気を読みましょう。誰が聞いても楽しめるような共通の話題を提供するのが正解です。

■おわりに

初対面だからこそ、相手のプライベートにずけずけと入り込んだり、自分のプライベートをさらしたりする必要はないもの。また、相手に興味を持たずに自分がどう見られているのかばかりが気になったり、相手のことをスペックでしかみない質問も失礼です。初対面だからこそ、相手がどう思うのかを考えて慎重に行動したいですね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)