写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●『逃げ恥』に続け! 意欲作揃いの結果は?
『逃げ恥』を中心に大豊作だった秋ドラマに続くべく、時間と予算をかけた意欲作ぞろいの冬ドラマ。『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)を除く(最終話が31日深夜に放送)、すべての作品が終了した。

視聴率は、『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)、『嘘の戦争』(フジテレビ系)が、全話平均2桁を記録。その一方で、視聴率が低迷していた『カルテット』(TBS系)の人気がネットで爆発し、連日多くのメディアを賑わせた。

ここでは、「『カルテット』という異物」「背筋も凍るキレキレの悪女」という2つのポイントから検証し、全19作を振り返っていく。今回も「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志がガチ解説する。

■ポイント1:『カルテット』という異物

前述した視聴率と反比例するような盛り上がりは、ドラマ業界の常識を超越。「面白いものほど録画する」「視聴の数だけでなく、愛着の深さも評価指標に入れるべき」という声が飛び交うなど、視聴者の心に残る作品だったのは間違いない。

会話群像劇、サスペンス、ラブ、ヒューマンなどのテーマが混在する難解な作風は、分かりやすさを重視する昨今のドラマ業界では異例。しかし、セリフの面白さ、含みを持たせた演技、伏線とその回収、今後の予測など、視聴者が深掘りしたくなる仕掛けが目白押しで、SNSは常にヒートアップしていた。

象徴的だったのは、ネットメディアの過熱ぶり。「『カルテット』の記事は、熱心な視聴者たちからアクセスが殺到してPVが上がる」ため、毎日記事をアップする媒体も見られた(私のもとにも「『カルテット』のコラムを書いてほしい」という10数社の依頼が届いたほど)。

また、ネット上で沸騰した「時間軸がズレている」説の広がりを危惧したプロデューサーが「単純なミスです」と謝罪。それがYahoo!ニュースの総合トップになるほど反響を呼んだものの、批判どころか拍手の声が集まるなど、その愛されようは『あまちゃん』(NHK)を彷彿させるものがあった。

ともあれ、『カルテット』という異物は、「テーマと主演選びに偏り」「原作ありきの企画」「分かりやすさ重視」という現状の流れにアンチを打ち込み、今後のドラマ制作に影響を与えるだろう。

■ポイント2:背筋も凍るキレキレの悪女

冬ドラマでは、とにかく悪女キャラの活躍が目立った。特筆すべきは、強烈な「悪女のタイプがバラバラだった」こと。いずれの悪女も、一切の遠慮なく、主演を食ってしまうほどの暴れぶりを見せた。

・『A LIFE』榊原実梨(菜々緒)は、不倫略奪タイプ
・『嘘の戦争』十倉ハルカ(水原希子)は、詐欺師タイプ
・『カルテット』来杉有朱(吉岡里帆)は、愉快犯タイプ
・『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)森山蘭(水野美紀)は、激情タイプ
・『真昼の悪魔』(フジテレビ系)大河内葉子(田中麗奈)は、サイコパスタイプ
・『就活家族〜きっと、うまくいく〜』(テレビ朝日系)川村優子(木村多江)はストーカータイプ
・『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系)左江内円子(小泉今日子)は、悪妻タイプ
・『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)桜木夕子(高岡早紀)は、女の敵タイプ

各番組が強烈な悪女キャラを作る理由は、「話題性を高め、感情移入を促したい」から。昨年、『僕のヤバイ妻』や『ナオミとカナコ』(ともにフジテレビ系)の悪女がネット上の話題を集めたことが、制作サイドの意識を変えているのは明らか。しかも、上記のほとんどが、「最後まで改心しなかった」ところが、悪女キャラの描き方が変わりつつあることを示している。

全作の全話を見た結果、冬ドラマの最優秀作品に挙げたいのは、『カルテット』。脚本・演出・演技の質はもとより、それを実現させたプロデュース力に頭が下がる。「見る人を選ぶ作品」と言われたが、要は視聴環境。映画館のような映像に集中できる環境なら、大半の人が楽しんで見られるレベルにあった。

意欲とテクニックの両面では、『バイプレイヤーズ』も負けていない。背景にある贅沢さを逆手に取るようなユーモアあふれる仕掛けが光った。

その他、『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK、『お母さん』に略)、『増山超能力師事務所』(日本テレビ系、『増山超能力』に略)、『銀と金』(テレビ東京系)の世界観も印象的。いずれも、穏やかな中に緊張感を醸し出す演出の技が光っていた。

男優では、「若手ナンバーワンは俺だ」と言わんばかりの熱演を見せた『銀と金』の池松壮亮。裏社会の悪と対峙しながら、話し方、表情、佇まいなどが徐々に変わっていく姿を演じ切った。

女優では、「母親の束縛に疑問を抱きはじめる」ヒロインを演じた『お母さん』の波瑠。演出陣を味方につけて、意思を持たない“お人形さん”のような、虚しさと美しさの同居した女性像を作り上げていた。

【最優秀作品】『カルテット』 次点-『バイプレイヤーズ』『お母さん』
【最優秀脚本】『カルテット』 次点-『増山超能力』
【最優秀演出】『真昼の悪魔』 次点-『カルテット』
【最優秀主演男優】池松壮亮(『銀と金』) 次点-草なぎ剛(『嘘の戦争』)
【最優秀主演女優】波瑠(『お母さん』) 次点-田中麗奈(『真昼の悪魔』)
【最優秀助演男優】浅香航大(『増山超能力』) 次点-坂口健太郎(『東京タラレバ娘』)
【最優秀助演女優】斉藤由貴(『お母さん』) 次点-吉岡里帆(『カルテット』)
【優秀若手俳優】山田美紅羽(『下剋上受験』) 石川恋(『東京タラレバ娘』)

●全19作をガチ採点
全19作のひと言コメントと採点(3点満点)

○『突然ですが、明日結婚します』 月曜21時〜 フジテレビ系

出演者:西内まりや、山村隆太、山崎育三郎ほか
寸評:結婚を軸にした王道のラブストーリーだったが、「結婚したい」「結婚したくない」それぞれの理由や、二人が惹かれ合う過程が十分に描かれなかったのは残念。一方、鮮度のあるキャストと丁寧に撮られた映像は、月9らしさを感じさせた。配信数を見れば10〜20代に刺さっていたのは明白。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

○『嘘の戦争』 火曜21時〜 フジテレビ系

出演者:草なぎ剛、水原希子、山本美月ほか
寸評:ダークヒーローの草なぎは安定感があり、詐欺の緻密さより爽快感を優先したコンセプトも的確。単なる復讐劇ではなく、エンタメ作として昇華させ、最後まで視聴者を楽しませた。恋の三角関係も最小限に留めるなどプロデュースの好判断が目立ち、“戦争シリーズ”の第3弾があっても驚かない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

○『カルテット』 火曜22時〜 TBS系

出演者:松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平ほか
寸評:会話群像劇、サスペンス、ヒューマンなど、さまざまなジャンルを混在させながらも見事に交通整理。分かりやすさが最優先されるテレビ業界において、つかみどころのない作風を貫いたことに驚かされた。孤高の道をゆく坂元裕二の脚本は、「お金を払ってでも見たい」と思わせる職人の業。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆☆】

○『東京タラレバ娘』 水曜22時〜 日本テレビ系

出演者:吉高由里子、榮倉奈々、大島優子ほか
寸評:ドラマ向けに原作の毒気を排除。大衆向けの見やすい作品にまとめて手堅く視聴率を獲得し、刺さる名言もあった。ただ、設定年齢を30歳に下げ、多幸感漂う美女をそろえたことで、独身女性のヒリヒリとした肌感覚は消失。終盤はモテ女の物語に留まったが、スピンオフの遊び心は素晴らしい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

○『レンタルの恋』 水曜0時10分〜 TBS系

出演者:剛力彩芽、太賀、岸井ゆきのほか
寸評:実に潔い剛力彩芽のコスプレドラマ。伸び伸びと演じる剛力の姿に、「別に好きではないけど、ついつい見てしまう」男性視聴者が多かったのではないか。“ヒロインの闇”に期待していたほどの衝撃はなく、最後までドラマ性は控えめ。深夜帯はこれくらい力の抜けた作品がもっとあってもいい。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

○『就活家族〜きっと、うまくいく〜』 木曜21時〜 テレビ朝日系

出演者:三浦友和、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加ほか
寸評:前半は「ひたすら家族が追い込まれる」ストレスフルな物語に終始。主要キャストの家族4人より、木村多江、新井浩文、山本未来ら悪い脇役の存在感が光っていた。最終的に、独立、転職、夢を追う、就職と、多様な着地点を見せたのは、すべての人々に自己肯定感を与える無難なフィナーレ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『嫌われる勇気』 木曜22時〜 フジテレビ系

出演者:香里奈、加藤シゲアキ、椎名桔平ほか
寸評:「日本アドラー心理学会」からの抗議に負けず、無事に完走。果敢なチャレンジは大いに評価されていい一方で、「なぜ刑事ドラマなのか?」という疑問は解消されず、事件解決とアドラー心理学もリンクしなかった。そもそも、「空気を読まない変わり者」は、ドラマの世界では定番の主人公像。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

○『増山超能力師事務所』 木曜23時59分〜 日本テレビ系

出演者:田中直樹、浅香航大、中村ゆりほか
寸評:超能力者を事件解決のヒーローとして描くと思いきや、悩みや葛藤などの人間臭さ満載。事実上主演の浅香を筆頭に、中村、柄本時生らの魅力が爆発していた。ほどよい癒しと脱力、さらに、ほのかな感動をもたらしてくれるバランス感覚は、深夜だけでなくゴールデンでも通用しそうなレベル。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆☆】

○『三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜』 金曜20時〜 テレビ東京系

出演者:北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎ほか
寸評:今回も定番の勧善懲悪に、ベタな三世代のやり取りに終始。民泊詐欺、悪徳ラーメン店、オレオレ詐欺などの「身近な悪を懲らしめる」コンセプトで爽快感をきっちり提供した。ハッピーエンドで「いい家族だね」と思わせる予定調和の美学で、キャストの体調さえ良ければまだまだ続きそう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『お母さん、娘をやめていいですか?』 金曜22時〜 NHK系

出演者:波瑠、柳楽優弥、斉藤由貴ほか
寸評:「仲良し母娘」「毒母」というテーマは時流に合い、NHKらしい思い切ったホラー仕立てでオリジナリティが高かった。斉藤の抑制を利かせた演技など、登場人物のキャラを低体温で統一。人形や花柄の部屋など随所に感じる背筋の寒さと、東海地方の美しい風景とのコントラストが見事だった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

○『下剋上受験』 金曜22時〜 TBS系

出演者:阿部サダヲ、深田恭子、小林薫ほか
寸評:キャスティングはバシッとハマリ、愛らしい三世代家族が見られた。反面、受験に挑むストーリーは起伏が少なく、勉強法のメソッドもごくわずか。ニッチなテーマに興味のある視聴者以外は飽きさせた感が強い。深田の入浴や居酒屋での会話などのあざといシーンが賛否両論なのは必然だろう。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

○『奪い愛、冬』 金曜23時15分〜 テレビ朝日系

出演者:倉科カナ、三浦翔平、大谷亮平ほか
寸評:あえて破たんさせたような炎上型の脚本は、若い世代やSNSユーザーにとっては新鮮。一方、1980年代の大映ドラマを見ていた人には、懐かしさと笑いをもたらした。これまで色気のある演技を見せてこなかった俳優をメインキャストに選んだのは、「エロより笑い」の気持ちからなのか。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『バイプレイヤーズ』 金曜24時12分〜 テレビ東京系

出演者:遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲほか
寸評:6人は「主演となり、本人役で、業界の裏側を見せる」というムチャ振りに応え、茶目っ気たっぷりに演じた。「世間が見ている自分」を採り入れた役作りは興味深く、演技と素の境界線を見極める楽しさも。脚本・演出・演技ともに、テクニックとサービス精神であふれ、第2弾を待つ声は多い。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

○『スーパーサラリーマン左江内氏』 土曜21時〜 日本テレビ系

出演者:堤真一、小泉今日子、ムロツヨシほか
寸評:深夜ドラマのおバカさはそのままに、それでいて、マニアックな笑いに走らず、親子そろって見られる娯楽作に仕上げた福田雄一の手腕が光る。“忘却光線”をフル活用した脚本はズルイが、それこそが作品全体を覆う脱力感の源。佐藤二朗とムロは、すでに昭和の喜劇俳優と肩を並べた感も。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『真昼の悪魔』 土曜23時40分〜 フジテレビ系

出演者:田中麗奈、中村蒼ほか
寸評:『火の粉』スタッフの演出が進化。直接的な残虐シーンはなく、繊細な演技、音、カメラワークだけで、視聴者に怖さを植えつけた。その徹底ぶりがよりサイコパスへの戦慄につながり、田中の新境地を拓いたと言える。惜しむらくは最終回の展開。突然急ぎ足になり、恐怖感が薄れた。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『銀と金』 土曜0時20分〜 テレビ東京系

出演者:池松壮亮、リリー・フランキー、村上淳ほか
寸評:回を追うごとにギャンブルのクレージーさが増し、「ザワザワ」がピークに。池松の熱演は出色で、リリーや敵役の柄本明、佐野史郎、大東駿介も世界観にハマっていた。札束を橋にして歩く、1ツモ100万円の麻雀など、お金の扱いは痛快。ただ、池松とリリーのバトルが見たかった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 総合☆☆☆】

○『A LIFE〜愛しき人〜』 日曜21時〜 TBS系

出演者:木村拓哉、竹内結子、浅野忠信ほか
寸評:「手術前に時間をかける」「失敗もする」という『ドクターX』とは真逆のベクトルを完遂。脚本・橋部敦子、演出・平川雄一朗の実力派コンビらしく、最後に感動を用意していた。裏を返せば、結末から逆算した物語で、序盤の違和感はそれが原因か。手術シーンに努力の跡がキラリ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

○『大貧乏』 日曜21時〜 フジテレビ系

出演者:小雪、伊藤淳史、成田凌ほか
寸評:初回からずっと低視聴率だったが、クオリティは決して低くない。職を失っても明るく生きる母子と、企業の陰謀を暴く弁護士の物語は、見応えと癒しを感じさせた。痛かったのは、タイトルのミスリードと、「小雪が貧乏なシングルマザー」という違和感をフォローできなかったこと。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『視覚探偵 日暮旅人』 日曜22時30分〜 日本テレビ系

出演者:松坂桃李、多部未華子、濱田岳ほか
寸評:堤幸彦監督らしいファンタジックな映像とコント演出に、賛否の声が分かれる中、松坂が荒唐無稽なキャラクターを熱演。セリフが少ない中、母性を思わせる愛情と、復讐を期す怒りを全身から放っていた。物語をグイグイ引っ張った濱田も、さすがの演技。ハッピーエンドにひと安心。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月間20本超のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2000人を超えるタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

(木村隆志)