デスクがキレイな人は仕事ができるうえ、職場の人間関係も良好で楽しく過ごしている人が多いです。仕事のデスクまわりや仕事で使うパソコンやスマホを整えることで、よりプラスの気が入り込み、仕事がスムーズになったり職場の人間関係が良好になるなど、よい運を実感できるようになります。本日は、誰にでもマネできる運気アップのデスクの整え方をお伝えしていきます。

心機一転! デスクまわりを整えて仕事運アップ!

1. 電話は東側に置く

風水では家電製品など音が鳴るものは東の方角に置くといいといわれています。デスクの電話もデスク内の東の方角に置くことによって、新しい仕事や情報が舞い込んだり、いいお知らせを呼び込みます。

2. 飲み物は北側に置く

水分はその場を浄化する力があります。物事が始まるのはすべて北側といわれており、その北側から流れてきたエネルギーを宿した水を飲むことで、自分自身を清められる効果があります。飲み物はデスクの北側に置くだけで仕事のミスが減ったりトラブルが減ります。

3. 丸い小物をひとつ置く

丸い置物は人間関係を良好にするといわれています。丸い木のオブジェや丸い形の加湿器など、丸ならどんなものでもOKです(邪魔にならない大きさがおすすめ)。私は丸い形の水晶を置いています。場所はどこでもいいですが、自分の目に入るところかつ、仕事の妨げにならないところを見つけましょう。

4. 書類や本は立てて保管する

仕事がたまってしまう人に多いのが書類や本を机に積み重ねてしまい、山積みになっているということです。積まれた書類や本は運気を阻む山に……。立てることでデスクがスッキリし見やすくなるほか、気の流れがよくなり運気もアップします。

5. PCのデスクトップは月1変更

毎日同じデスクトップを眺めていると、仕事のマンネリ化につながります。風水では、新しいことをとり入れるということが運気アップにとても重要なので、おすすめは月に1回デスクトップの背景を変更することです。そうすることで仕事の停滞を阻止することができ、常にフレッシュに仕事をすることができるようになります。その月の自分の目指すテーマに合わせて変えるといいですね。

6. ノートPCは必ず閉じてから帰る

終わりがあるからこそまた新しいことが始められるのです。一日の仕事の終わりにはPCの画面をしっかり閉じて帰ることで、しっかり気持ちのリセットができ、翌日の集中力アップにもつながります。

7. 割れた画面はすぐに修理

よくスマホやノートPCの画面にヒビが入っているのに、そのまま使っている人を見かけます。壊れたものを持ち歩いていると、同じことが自分の身にも起こりやすくなります。職場の人間関係や決まりかけていた仕事のチャンスなどが流れてしまう恐れが……。故障も同様です。壊れた仕事用品はすぐに修理するようにしましょう。

いかがでしたか? 仕事をするうえで大切なのが仕事のパートナーともいえる自分のデスク。春から心機一転で、まずはそこから気を配ってみてはいかがでしょうか。