お酒が苦手な人のための「宴会の盛り上げ方」

写真拡大

お酒は好きだけれど、ビール1杯で酔っ払ってしまう。でも、大切な接待で、早々にウーロン茶を頼むのは気が引ける……。そんなあなたに、お酒に弱い営業部長のマル秘宴会術をご紹介しよう。

■ノンアルコールビールの頼み方

ここは、尼崎市の繁盛店「赤べこ塚口中央店」。キリンビールマーケティングの江森晋さんは、人差し指を立てて、2杯目を注文した。それまで飲んでいたのは、もちろん「一番搾り」。「赤べこ」のスタッフは、心得たようにうなずくと、すぐに中ジョッキを運んできた。ところが、今度の中身はビールではなく、ノンアルコールの「キリンフリー」である。

「これなら一緒に飲んでいる得意先の方にも気を遣わせません。いくらお酒が強くないといっても、気まずい雰囲気になっては困りますから、とりあえず乾杯はビールです。しかし、ずっと飲み続けるとダウンしてしまいますので、店の人と事前に打ち合わせをしてノンアルコールに切り替えるサインを決めたのです(笑)」

大切な得意先との宴席では、相手に気を遣わせるわけにはいかない。まして、江森さんはビール会社の営業マン。誰しも「飲めないはずがない」と思う。その意味では、座は盛り上がって当然なのだから、このような工夫が必要なのだ。

江森さんは、1991年に新卒でキリンビールに入社。横浜支社営業課を皮切りに、福島、青森、仙台と東北3県を回り、2006年に東京に戻り、6年余り勤務。営業新会社・キリンビールマーケティングの山梨支社を経て、15年4月から神戸支店に担当部長として赴任した。

新天地では、兵庫県内最大手の酒類卸である越山酒販を受け持つことになった。同社との商談でまとまる売上高が、江森さんの目標全体の8、9割を占める。それだけに、日頃からの関係強化は欠かせない。会食ともなれば、江森さんは30分前に現地に到着。出迎えから乾杯、懇談、そして見送りまで、きめ細かく配慮し、絶対に中座することはしない。

「これまでの経験から、できるだけ早い段階で『すみません。ビール会社にいるんですが、お酒はあまり強くないんです……』と伝えるようにしています。確か、越山さんの場合も、ひと月ほどたってからご一緒した飲み会でお話ししました」

■お酒が弱いことも武器になる

ジョッキをぶつけ合った直後の発言だ。普通なら座がしらけても不思議はない。同席していた越山裕之常務取締役は、1年前の様子を思い出しながらこう話す。

「ビール会社の方はたいていお酒が強い方ばかりなので、最初は驚きました(笑)。でも、お酒を飲む量よりも、酒の席でどうコミュニケーションを取るかのほうが大事です。それに、江森さんは『でも、そのぶん食べるのが好きなんです』と、本当に美味しそうに食べるんですよ」

アフターファイブの会食とはいっても、あくまでも江森さんと越山常務にとっては仕事の延長である。会話の内容は、6、7割がキリンビールの新商品の説明や売れ行き、神戸や尼崎周辺の繁盛店の情報といったことになるという。

宴会を盛り上げるというと、大勢が集まってのドンチャン騒ぎ。あるいは、歌って、踊って、楽しければいいと考えがちだ。プライベートなら、それでもかまわないだろう。けれども、ビジネスに直結するとなれば、そこで何らかの成果が期待されることはいうまでもない。

「得意先の経営者や営業スタッフに、せっかく時間をいただいているわけですから、ただ単におしゃべりして終わりでは申し訳ない。やっぱり『江森さんと会ったら得したよ』といってもらえる情報は用意していくように心がけています」

越山酒販と江森さんが一緒に飲む回数は、週に3、4回で、3時間以上になることが多いという。ビール以外では焼酎も定番だ。率先して水割りを作る江森さんは、自分のグラスの中身はミネラルウオーターに氷だけにしている。それをさりげなくできる江森さんの流儀に越山常務は感心する。

また、お酒が弱いことの効用もあるようだ。

「いくらアルコールに強くないといっても、ビール1杯ぐらいなら前後不覚にはなりませんし、味覚もはっきりしている。だから、江森さんの酒や料理に関する意見が的確なんです。私や社員が『なるほど』とうなずくようなコメントをしてくれます。こうなるともう、お酒が弱いのも逆に武器になりますよね(笑)」

いくら得意先とはいっても、あまり体裁を繕ったり、へりくだってばかりでもいけない。そこは、越山常務も江森さんも「ウインウインの関係が重要」だと認識している。実際、そうでなければ、長いつきあいは難しい。

江森さんは「自分は『飲めない』『歌えない』『踊れない』」と謙遜するが、ビジネス、特にフェース・ツー・フェースが基本の商売では、人柄がよくなければ、信頼も得られないし、腹を割った話もできないのである。その意味で、見た目はいたって温厚で、けっして饒舌ではないという江森さんが、進んで座に溶け込むことで、飲み会は自然に活性化する。

夜もすっかり更け、江森さんに「また明日からもよろしく」と手を差し出す越山常務の表情は、ことのほか満足げだった。

(岡村繁雄=文 熊谷武二=撮影 赤べこ塚口中央店=協力)