画像

写真拡大 (全2枚)

 フィードフォースの「ソーシャルPLUS」とシナジーマーケティングの「Synergy!」が連携を開始。これにより、「Synergy!」の導入企業はソーシャルログインの導入が容易になり、顧客のIDとLINEアカウントを結びつけるといったことも可能になる。

 4月11日、フィードフォースが提供するソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」は、シナジーマーケティングが提供するクラウド型CRMサービス「Synergy!」と連携を開始した。

 これにより、「Synergy!」で作成したフォームに、LINEやFacebook、Yahoo! JAPANなど、様々なソーシャルメディアや外部サービスに対応したソーシャルログイン機能を簡単に実装することが可能になる。

 会員登録時のエントリーフォーム入力や、ID・パスワード入力の手間が省けるため、コンバージョン率や離脱率の改善、新規会員の獲得率や再ログイン率の向上が見込める。

 また、「ソーシャルPLUS」ではLINEの「Official Web App」対応オプション機能を提供しているため、「Synergy!」のフォームでLINEログインをした顧客のIDとLINEアカウントとのID連携を自然な流れで行えるようになる。

 さらに、「ソーシャルPLUS」のメッセージマネージャーを活用することで、「Synergy!」のデータベースに集約された顧客の属性情報や行動履歴などのCRMデータをもとに、パーソナライズされたメッセージをLINEのトーク上で配信できる。

MarkeZine編集部[著]