画像

写真拡大 (全2枚)

 VAZとCandeeは業務提携を行い、4月15日より共同で女子特化型の情報バラエティ番組「Mel LIVE」の配信をLINE LIVEで開始する。

 インフルエンサーマーケティング事業、SNSプラットフォーム事業を行うVAZは、モバイル動画を軸に、メディア事業、広告事業、タレントマネジメント事業を展開する、Candeeと、動画メディア領域において戦略的業務提携契約を締結した。

 VAZは、若年層に人気のあるインフルエンサーを約60名抱え、合計フォロワーは約700万人をほこり、10代・20代から興味関心を集めている。また、インターネット上の複数プラットフォームを活用し情報を発信していくブランド「Mel」を立ち上げ、2017年3月よりYouTubeチャンネル「MelTV」を開設し、動画を配信している。

 一方Candeeは、設立2年で動画配信1,000本以上、特にライブ配信においては300本以上の実績を培ってきた。ライブ配信ならではの、インタラクティブなコミュニケーションが可能な企画・配信技術・キャスティングに至るまでをワンストップで提供可能な知見とノウハウを持っている。

 この両社の強みを活かし、10代・20代のスマホ世代に響くインフルエンサーを起用し、共感を得られるコンテンツのライブ配信を行う「Mel LIVE」を立ち上げた。まずはLINE LIVEにて4月15日の18時からスタートする。

MarkeZine編集部[著]