森保一監督はこの苦境を乗り越えることができるだろうか【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

クラブ史上初の開幕5試合勝ちなし。2人のFW退団が大きく影響

 サンフレッチェ広島はクラブ史上初めて開幕から5試合勝利なしで、降格圏に沈んでいる。ピーター・ウタカと佐藤寿人の退団が響いたのか。期待の新戦力は軒並み結果を残せず苦しんでいる。ガンバ大阪戦で今季初勝利を挙げた元王者は、復権に向けて次のステップへ進もうともがいている。(取材・文:ショーン・キャロル)

--

 サンフレッチェ広島は2017シーズンを悲惨な形でスタートさせたが、先週金曜日(7日)のアウェイでのガンバ大阪戦は激戦の末に1-0で勝利。森保一監督のチームにとってターニングポイントとなる試合だったかもしれない。

 忘れてはならないが、サンフレッチェは2012年から15年までの間にJ1で3度王者となり、ほんの1年半前にはクラブW杯準決勝でリーベル・プレートと接戦を演じた。そのチームは昨季、年間総合首位の浦和レッズに19ポイントの差をつけられての6位という低調な成績で終え、今季序盤戦ではそこからさらに調子を落としてしまった。

 サンフレッチェが開幕から5試合で1勝も挙げられなかったのはクラブ史上初。ホームでのアルビレックス新潟との開幕戦に1-1で引き分けたあと4連敗を喫し、その4試合でわずか1得点しか挙げられずにいた。

 新シーズンを前に佐藤寿人とピーター・ウタカを手放す選択をしたことを考えれば、ゴール前での苦戦はさほど驚くべきことではなかった。Jリーグの歴史上2位の通算得点記録を持つ選手と、2016年の得点王の一人となった選手を失うことが、チームの破壊力に影響を及ぼさないはずはなかった。

 ウタカの昨年の貢献を考えれば、彼の望んでいた条件を提示しないという決断は奇妙なものに思えた。クラブの経済力、あるいは野心に不安を感じさせるものだ。

 佐藤の退団の影響も過小評価すべきではない。昨季サンフレッチェでの12シーズン目を過ごしたベテランストライカーは、19試合出場にとどまり、665分間プレーして計4得点と、以前ほど中心的な役割を果たしたわけではなかった。それでも、彼ほど経験豊富で尊敬を集める選手の退団は、ロッカールーム内で大きな存在が失われることを意味した。

新加入選手が軒並み苦戦。工藤はゴールで自信取り戻す

 さらに森崎浩司が現役を引退したことで、サンフレッチェはクラブの長年の功労者をもう一人失っている。それがクラブの選択によるものであれ、必要に迫られてのものであれ、サンフレッチェが変化の時期を過ごしていることは明らかだと言える。

 新加入のフェリペ・シルバは今後に期待できそうな兆しも見せている。特にガンバ戦では相手の意表を突く強烈なシュートでクロスバーを叩き、工藤壮人の決勝ゴールを生み出した。だがサンフレッチェのパススタイルにまだ完全にフィットしているわけではなく、Jリーグに戻ってきた工藤も同様の苦戦を強いられている。

 元柏レイソルの工藤はデビュー戦となった開幕戦でゴールを決め、佐藤の抜けた得点力の穴をそのまま埋めてくれるという期待が高まった。だがその後の試合で上積みはできず、チームが連敗に突入する中で、ミスを重ねるたびに自信を喪失していくように感じられた。

 だが吹田スタジアムでの試合では、フェリペのシュートのリバウンドにいち早く反応し、この一戦の唯一のゴールを生み出した。明らかに安堵した様子の工藤はゴール裏のアウェイサポーターのもとへ駆け寄り、肩の荷を下ろすことができたと感じさせた。

 この1点がもたらした影響は数分後のプレーにも明らかに表れていた。突然プレーの鋭さと積極性を増した工藤は、ゴール前へ下がるガンバ守備陣に対して仕掛け、狙いすましたシュートで再びゴールを狙った。

ホーム初白星へ。横浜FM戦が復調へのステップに

 森保監督も、前線の2人がチームに今季初勝利をもたらしたことを喜ぶ様子を見せつつ、チームのやり方について疑念を抱いたことは一切なかったと主張した。

「流れの中からここまでゴールできていなかったですけど、リーグの中でもシュート数はトップでしたし、続けていけば必ずゴールできると思っていました」と監督は語る。

「コンビネーションで美しく崩せればそれに越したことはないけど、相手に怖がられるプレーをしよう、シュートを狙っていこう、と言っていました。それをフェリペが実践してくれて、ポストに当たったけれど工藤が狙ってくれていた。ゴールに向かう仕事をしっかりと恐れずにやってくれたと思います」

 選手の不調やコンディションの問題も、広島の戦いぶりに影響を及ぼしていた。カウンターの鍵を握るミハエル・ミキッチと柏好文は負傷のため欠場を強いられ、チームのリーグタイトル獲得に大きく貢献してきた塩谷司や青山敏弘も本来の調子を取り戻せず苦戦している。

 選手全員が調子を上げてくれば、広島の苦難がそう長く続くことはないだろう。とはいえ日曜日(16日)にはまた、横浜F・マリノスとの難しい一戦が待ち構えている。横浜FMも先週末のジュビロ磐田戦で待望の勝ち点3を獲得し、未勝利期間を終えて広島に乗り込んでくる。

 敗れれば広島は降格圏にとどまることになるが、ホームでの今季初白星を挙げることができれば、より慣れ親しんだ順位への復帰に向けた次のステップとなるかもしれない。

(取材・文:ショーン・キャロル)

text by ショーン・キャロル