シリア北西部イドリブ県ハンシャイフンで、毒ガス攻撃により死んだとされる鳥の死骸を回収する人(2017年4月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】化学兵器禁止機関(OPCW)は13日、シリアの反体制派支配地域にあるハンシャイフン(Khan Sheikhun)で化学兵器が使用されたとする疑惑について、「信用できる」という見解を示した。

 4日に発生したこの攻撃では、少なくとも87人が死亡。OPCWは、これまで集まった情報を専門家らが分析し「これは信用できる疑惑だと初期評価を下した」と発表した。

 OPCWのアフメト・ウズムジュ(Ahmet Uzumcu)事務局長は、41か国から成る執行理事会に対し、事実調査団が攻撃後に収集したサンプルが分析のためOPCW指定の研究機関に送られたと報告。

 また、オランダ・ハーグ(Hague)にあるOPCW本部で出した声明の中で、「OPCWの専門家らが現在、さまざまな情報筋から収集したあらゆる情報を分析」しており、「2〜3週間以内に作業を完了する」見通しだと明らかにした。
【翻訳編集】AFPBB News