1885年、ソウルで発生した残虐処刑をきっかけに福澤諭吉が「脱亜論」を時事新報に発表した経緯を前回のコラム原稿として書いている最中、まさに歴史は繰り返す、同様の残虐な報道が世界を駆け巡りました。

 出来事をざっと振り返っておきましょう。

 AP電によりますと4月4日の早朝、シリアで反体制派が支配する北部イドリブ県ハンシャイフンを戦闘機が攻撃、ここで毒ガスと思われる化学兵器が使用されて多数の死傷者が発生。

 さらに被害者が治療を受けていた近隣の病院も複数回空爆で破壊されるという軍事行動が報道されました。

 こうした行動は戦争犯罪に当たると考えられます。

 シリアでは「貧者の核」、化学兵器を用いた攻撃が続いており、多くの人命が奪われ、都市という以上に社会全体が破壊され続けている、これは間違いのないことだと思います。

 2013年9月には化学兵器禁止条約に加盟、190国目のメンバーとなります。この時点でシリアには少なくとも25か所の関連施設があり、1300トンを超える化学兵器が存在しているとされました。

 この年のノーベル平和賞は、化学兵器の廃絶を推し進めた化学兵器禁止機関(OPCW)に与えられています。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

サリン使用? 偽装廃棄?

 今回使用された化学兵器は「サリン」であった可能性が指摘されています。サリンという毒ガスは、日本では「地下鉄サリン事件」を通じて記憶している人も多いと思います。

 しかし先日、今年度の大学1、2年生たちと関連の話をしていて、現在の大学教養学部生は1997-98年生まれが大半、大学4年生にして95年生まれなので、その95年に発生した阪神淡路大震災も、地下鉄サリン事件も、リアルな記憶は全く持っていないという話になり、記憶の風化を如実に感じざるを得ませんでした。

 さて、今回のシリア「サリン」攻撃ではサリンを用いたと思われる空爆が実施され、直接的には80人以上が死亡、350人以上が負傷したと報じられています。

 これに対して、米軍は日本時間の4月7日これらの攻撃を実行したと見られている、シリア軍機の発信基地、シャイラット空軍基地を空爆攻撃。

 東地中海を遊弋する米駆逐艦から60発の巡航ミサイル「トマホーク」を発射するよう命令、このうち不発であった1つを除く59発が実際に発射され、シャイラットの滑走路や格納庫、燃料タンクなどに着弾、破壊に成功した、と報じられます。

 ここで私は、福澤諭吉の「脱亜論」を思い出さざるを得ないのです。

 シリアで化学兵器が用いられた。これはたぶん間違いないと思います。それで、幼い子供を含む多数の犠牲者が発生してしまった。

 さらに、それらの犠牲を生々しく映し出した写真なども、私たちは目にしています。ここまでは、ファクトと判断して間違いないと私は考えます。

 しかし、それらの攻撃を本当に誰が実施したのかは、率直に言ってよく分かりません。

 米国はただちにバッシャール・アル・アサド大統領の率いるアサド政権がこれらの攻撃を実施したと断定し、シャイラット空港・基地へのミサイル空爆を実施しています。

 また、アサド政権は「これらは反政府勢力による自作自演だ」として、化学兵器の使用を否定しています。

 ここで見落とすべきでないと思うポイントを2つ、記しておきたいと思います。

 第1は、広く知られている通り、現在のアサド政権「シリア・アラブ共和国」が社会主義・人民民主主義国家として成立しており、アラブ社会主義復興党すなわち「バアス党」が指導、現実にはアサド家が代々支配する独裁体制のもとで、ロシア、イランなどと友好的な関係を保っていること。

 平たく言えば、シリア内戦は米国とロシアの代理戦争という様相を呈していることで、これについては多くの解説が出ていると思いますので、それらをご参照いただければと思います。

 ここで私が強調したいのは2番目のポイント、米国内での変化と、今回の「サリン空爆」との時間的近接性です。

最大の選挙公約に敗れたトランプ政権

 シリア北部、イドリブ県ハンシャイフンがサリン空爆される10日ほど前、米国を揺るがす政治的激震が走ったことは、今回の軍事行動との関係でほとんど報じられていないと思います。

 「オバマケア」完全撤廃の失敗・・・。

 まったき政治素人の金満老人、ドナルド・トランプ氏が選挙公約のトップに掲げて「まさか」の当選を果たした「医療保険制度改革法」撤廃を目指す代替法案は「アメリカン・ヘルス・ケア・アクト」と呼ばれます。

 ここでは分かりやすく「トランプ・ケア」と記しておきましょう。このトランプ・ケア法案を3月24日、下院採決の直前に撤回しました。

 票の取りまとめに失敗したのです。そのまま採決に流れ込めば「否決」という、政権自体への死刑宣告を受けてしまう。

 選挙の目玉でトランプ政権は完全敗北を喫してしまいました。

 そもそも、この問題は何であったのか。そもそも「オバマ・ケア」とは何であったか、から、簡単に振り返っておきましょう。

 「これではアメリカがケニアのソ連になってしまう・・・」

 野党共和党が徹底して反対しながら2010年に議会を通過し、与党民主党オバマ大統領が署名した「アフォーダル・ケア・アクト」(ACA)が、通称「オバマケア」と呼ばれているものです。

 国民健康保険が浸透している日本国内では、この議論にピンとこないことが少なくありませんが、「国民皆保険」は必ずしも世界各国で採用されている政策ではありません。

 米国には完全な保険未加入人口が5000万近くあり、3億強の人口の貧困層2割ほどが健康保険と無縁な生活を送っていました。

 これを是正し、国が管理する電子保健取引所で健康保険システムを管理運営するというのが、極めてざっくりした話で恐縮ですが「オバマケア」のポイント、として話を進めたいと思います。

 オバマケアの導入によって、新たに2000万人の米国低所得層が保険医療の恩恵を受けることができるようになりました。

 と同時に、それを負担するしわ寄せも当然発生しました。とりわけ中間層に毎月の保険料負担増が嵩んだことから、さきほど記した「ケニアのソ連はまっぴらだ」という世論が沸き起こります。現実にはオバマ・ケア成立以前から、ネガティブ・キャンペーンは張られていました。

 それを受ける形でトランプ政権になり「自己責任」への回帰というキャンペーンが巻き起こります。具体的には「オバマケアの廃止と代替法案の実現」、つまり、ここ7年に及ぶ米国民主党の中心的な選挙公約の旗印が掲げられました。

 そして発表された「トランプ・ケア」、発表からわずか3週間ほどで、無理やりこれを成立させるスピード可決に向け、トランプ大統領ならびに若干47歳の共和党エリート、ポール・ライアン下院議長は下手な賭けを打ちます。

 現実にはオバマ・ケアの一部を残した、みかけだけの「トランプ・ケア」プランをインスタント製造、これを発表したのです。

 共和党保守派、特に「下院自由議員連盟」はオバマ・ケアの完全廃止を求めており、こんな素人の表面だけ取り繕った法案に誰が賛成するか、と反発します。

 また無保険者が急増することに懸念を持った人も多かったと報じられています。

 ここで、ニュー・ライトの実業家でやはり政治素人のスティーブン・バノン大統領首席戦略官は音痴ぶり全開で議会対策に失敗してしまいます。あろうことか高圧的な態度で議員に対して次のように投票を命じたというのです。

 「法案に賛成する以外、諸君に選択肢はない。これは話し合いでも討論でもない」

 もちろん他の選択肢はしっかり存在し、トランプ政権は政策実現能力において完全にアマチュアであることを天下に知られることとなりました。オバマ・ケアをひっくり返し損ねたお化けアマ政治だな、と思った次第です。

 さらに、これらの造反議員、つまりバノン氏の命令に従わなかった者の名は「造反者リスト」に載せられるという話も広く流布しました。

 トランプ+バノンの「最後通告」から24時間を経ることなく、世論の支持も極めて低かった「トランプ・ケア」は廃案となった。

 28歳で最年少議員当選して以来、善くも悪しくも最上層上澄みのエリート、ポール・ライアン下院議長47歳は「今日は私たちにとって失望の日となった」と敗北を認めます。

 が同時に、トランプ大統領とライアン下院議長は「医療保険制度からほかの政策へと、すでに軸足を移す準備は整っている」とコメントしました。

 それから1週間ちょっとで発生したのがシリアの「サリン空爆」でした。

 「オバマ・ケア代替法案」撤廃の敗北からわずか2週間で、米軍はシリア軍シャイラット基地へのミサイルを実行したことになります。

 「医療保険制度」から軸足を移す「ほかの政策」が何であったのか、ここで納得した人は少なくなかったのではないでしょうか?

 2002年、米ジョージ・W・ブッシュ大統領は年頭教書で「悪の枢軸」に言及、イラク、イラン、北朝鮮は「大量破壊兵器」を保有するテロ支援国家である、と断じ、それから1年余の準備を経て「第2次湾岸戦争」空爆の先制攻撃が始まりました。

 いまもって「大量破壊兵器」がどこにどのようにあったのか、私はよく理解していませんが、共和党政権にとってはこの種の政策がお家芸であったことは周知の通りです。

 シリアで発生している化学兵器の行使は、絶対に容認すべきでない残虐な蛮行です。ただ、ここで私たちは、その実行主体が何であるかを冷静に見定める必要があるでしょう。

 福澤諭吉は甲申政変後の朝鮮半島で実施された残虐な処刑の事実を、中国・朝鮮と袂を分かつ「脱亜」の議論に結びつけました。

 そのストーリーはやがて政治的思惑で一人歩きし始め、「朝鮮半島の人々を圧制から救う」大義名分が「清朝を撃つ」議論、さらに「李氏朝鮮王朝の廃止と日本への併合」への流れに、力づくで結びつけられていきました。

 2000年代イラクやアフガニスタンでの出来事、130年前の朝鮮半島や中国での紛争、そして今現在進みつつあるシリアを舞台とする最悪の劇場型戦争。

 私たち今日の日本人は、幸いなことに、これらを冷静に観察できるだけの時間と空間の距離を持っています。

 好悪とか善悪ありきではなく、ファクト、史実を見て冷静に考える必要があると思う次第です。

筆者:伊東 乾